🗾14〕─4─縄文人遺伝子の呪縛。世襲制男系皇室の正統性は縄文人のY染色体である。〜No.34No.35No.36 ⑤ 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。  
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 人間社会では、「生まれながらにしての定め」は存在する。
   ・   ・   ・   
 Y染色体神話とは、縄文人遺伝子の呪縛である。
   ・   ・   ・   
 鳶は鳶を産む事が多く、稀に鳶が鷹を産む事がある。
 鷹は鷹を産むとは限らず、鷹が鳶を産む事もある。
   ・   ・   ・   
 蛙の子は蛙。
   ・   ・   ・   
 遺伝子が解明されると、優秀民族・劣等民族の優生学が復活する危険性がある。
 そして、人種差別、民族差別、民族嫌悪、民族対立などを助長させ、ナチス・ドイツホロコースト中国共産党のジェノサイドを正当化させる恐れがある。
   ・   ・   ・   
 ウィキペディア
 宮中某重大事件
 詳細は「宮中某重大事件」を参照
 「御婚約御変更無し」と報じる東京朝日新聞(大正10年2月11日)
1918年(大正7年)の春、久邇宮邦彦王を父に持ち、最後の薩摩藩主・島津忠義の七女・俔子を母に持つ、久邇宮家の長女・良子女王(香淳皇后)が皇太子妃に内定し、翌1919年(大正8年)6月に正式に婚約が成立した。
 しかし11月、元老・山縣有朋が良子女王の家系(島津家)に色盲遺伝があるとして婚約破棄を進言した。山縣は、西園寺公望や首相の原敬と連携して久邇宮家に婚約辞退を迫ったが、長州閥の領袖である山縣が薩摩閥の進出に危惧を抱いて起こした陰謀であるとして、民間の論客・右翼から非難されることとなった。当初は辞退やむなしの意向だった久邇宮家は態度を硬化させ、最終的には裕仁親王本人の意思が尊重され、1921年(大正10年)2月10日に宮内省から「婚約に変更なし」と発表された。
 事件の責任を取って宮内大臣・中村雄次郎が辞任し、山縣も枢密院議長など全官職の辞職願を提出した。しかし、同年5月に山縣の辞表は詔を以て却下された。この事件に関して山縣はその後一言も語らなかったという。翌年2月1日、山縣は失意のうちに病気により没した。 
   ・   ・   ・   
 2020年10月17日号 週刊現代「遺伝子の研究が日々進みその世界がより詳しく分かってきた。
 さまざまな研究結果をまとめた 最新レポート。
 著名人で検証する遺伝子の科学
 親の能力はどこまで受け継がれるのか
 スポーツ、音楽、語学・・・
 遺伝が影響する才能、しない才能
 実力本位のスポーツの世界でも、『2世選手』は多い。
 前ページの大谷翔平と同じように世界レベルで活躍している2世選手には、卓球の石川佳純や体操の内村航平がいる。石川は両親とも卓球選手で、母親は国体に出場。内村も父母が体操選手で、父親はインターハイで優勝経験があった。
 こういった実例を見ると『運動能力は遺伝する』と思えてくるが、果たしてどうなのだろう。
 スポーツの能力に関して、遺伝が80%程度影響しているとの研究がある。慶應義塾大学文学部教授で、行動遺伝学が専門の安藤寿康氏が解説する。
 『一卵性双生児と二卵性双生児を比較・分析する「行動遺伝学」によって得られたデータです。一卵性双生児は1つの受精卵から生まれ、遺伝子は完全に一致しています。対して、二卵性双生児は2つの受精卵から生まれ、共有しない遺伝子は半分程度です。
 行動遺伝学では、さまざまな能力や性格などについて、数多くの一卵性双生児ペアと二卵性双生児ペアの類似性を調べ、比較・分析することで、遺伝の影響の大きさを割り出しています』
 ごく簡単に説明すれば、共有する遺伝子が半分程度なのに、二卵性双生児ペアの類似性が比較的高いものは、遺伝以外の影響が大きいということになる。
 こうした研究の結果、……運動の能力は遺伝が80%、文才も80%程度影響するとの数値が出ているのである。ただし、安藤氏は『才能に関しては、もっと低く見積もる研究もあるので、この値は目安のひとつと考えてください』と話す。
 一方、親から同じように運動能力を受け継いでも、兄弟姉妹で実力の差が生まれるケースも多い。……
 『遺伝が大きく影響していても、それがすべてではありません。兄弟姉妹といえども、生活環境や生活習慣は異なります。持って生まれた運動能力を伸ばし、充分に発揮できるか否かは、環境と習慣、トレーニングに対する取り組み方の違うなどさまざまなことが影響しているのです』(安藤氏)
 ……頭の良さの指標とされるIQは、遺伝の影響が50%と、それほど高くない。頭の良さは、遺伝だけでは説明できないのだ。
 父親似と母親似はどのように決まるのか
 そもそも性格は、細胞の核のなかにある染色体(XとYの2種類がある)の組み合わせで決まる。男性はXY、女性はXXという組み合わせになっている。
 男児は父親のYと母親のX、女児は父母それぞれからXを受け取る。X染色体はYにくらべて大きく、重要な遺伝子情報がよりたくさんのっているとの研究がある。そのため、男児は父親(Yを受け継いだ)よりも母親(Xを受け継いだ)に似やすいと言われるのだ。
 親は歌が下手。その子供は?
 前ページの図のように、行動遺伝学では、音楽の才能は約90%が遺伝の影響とされている。
 こまかく見ると、音程を取る能力は遺伝が約80%とする研究がある。リズム感や声質、発声法も、数値化されていないが、遺伝の影響が大きいと考えられている。
 ……
 収入にも遺伝が影響する
 行動遺伝学は収入と遺伝の関係も研究している。
 米国の学者は42%が遺伝、8%が共有環境、50%が非共有環境の影響とのでーたを発表している。
 スウェーデンの学者の研究によれば、20~30%が遺伝、それ以外は非共有環境となる。
 年齢による変化を示したのは日本の学者で、20歳前後では遺伝が20%程度だが、45歳前後では50%程度になるという。
 いずれにしても、収入にまで遺伝が影響を及ぼしているとは驚きだ。
 キレやすい性格──それは遺伝のせいではない
 人の性格は『ビッグ・ファイブ』と呼ばれる5つの要素の組み合わせできている──最近の心理学では、こうした考えが主流になっている。
 その5つとは『経験への開放性(=好奇心が強い)』『勤勉さ』『外向性』『協調性』『情緒不安定性』である。
 行動遺伝学でも5つの要素(呼び方は若干異なる)について、遺伝の影響を割り出している。4つが50%前後だ。いい性格も悪い性格も、遺伝だけで形作られたものではない。遺伝以外は『非共有環境』。つまり、家庭外での経験が、性格の形成に影響しているのだ。
 最近、怒りっぽい人、切れやすい人が増えたと言われる。それは遺伝や家庭内環境ではなく、社会的要因によるところが大きいに違いない。
 遺伝しやすい気質
 楽観的 セロトニン(心を落ち着かせる働きがある)が活発に分泌される人は、楽観的とされる。特定のセロトニン受容体遺伝子が、この気質に関係していると言われる。
 責任感が強い ドーパミンのD2R2受容体遺伝子が関わっているとの研究がある。『完璧主義』『こだわりが強い』といった気質もこれが関与。
 粘り強い 『楽観的』と同様に、セロトニンが関わっている。『熟慮型』『面倒見がいい』といった気質もセロトニンが関与。
 熱中しやすい 意欲や興奮を司るドーパミンが、熱中しやすい気質の源。ドーパミンD4受容体遺伝子が、この気質に関係しているとされる。
 上あがり性 『緊張しやすさ』に関する遺伝子を突きとめた研究はあるが、その遺伝子とあがり性の関連はまだわかっていない。
 目、鼻、耳・・・遺伝しやすいパーツ、しにくいパーツがある
 身体の中で、遺伝の影響を大きく受けるとされているのは『指紋』である。行動遺伝学では、遺伝の影響が90%を超えるとのデータがある。
 体重についても、遺伝の影響は約90%とされている。
 ……
 二重まぶたは、単一の遺伝子によって形質が決定される。一方、複数の遺伝子が関わるパーツもある。『1種類、多くても3種類の遺伝子で決まるパーツは遺伝しやすい』(前出・石浦氏)各パーツのうち、さまざまな調査・研究によって、遺伝の影響が大きいと言われるものを写真とともに挙げた。ほかに、髪の毛・太さ・髪の質(直毛や天然パーマ)も遺伝しやすい。
 ……
 『年をとると親に似る』は本当か?
 ……IQが遺伝の影響をどれくらい受けるかを、幼児期・青年期・成人期初期に分けて調べたグラフだ。年齢を重ねたほうが、遺伝の影響が色濃くなっているのがわかる。
 大人になるに従って、環境に左右されなくなり、遺伝したもののほうが強まってくる、ということなのだろう。『年をとったら親に似てきた』という人は少なくないが、それは本当かもしれない。
 この病気は遺伝が関わっている
 病気にも遺伝しやすいもの、しにくいものがある。……病気や発達障害に関する遺伝の影響の大きさを、行動遺伝学によって分析した結果だ。うつ傾向は、遺伝の影響がそれほどないことがわかる。
 ……
 依存症も本人のモンダイ
 親がのんべえで、子も酒好きというケースはよくあり、『酒の強さ弱さは遺伝する』と言う研究者もいるが、アルコール依存となると話は別。
 ……遺伝の影響は50%強である。タバコやギャンブルに関しても同程度。依存症になるか否かは、遺伝よりも本人に原因があると考えたほうがいいだろう。」
   ・   ・   ・   
 日本民族は、縄文人の古い遺伝子に、海を越えて逃げてきた・漂着した・移り住んだ揚子江流域系大陸人・半島人・シベリア北方人・中央アジア人・東南アジア人などの異人と乱婚を繰り返す事で多様な新しい遺伝子を引き入れる事で独自に変化してきた。
 縄文人遺伝子(Y染色体)を濃く残す日本民族日本人とは、閉鎖的排他的に血筋・血統を死守してきた天皇家・皇室である。
 それ故に、日本の世襲は生まれ出たがゆえに長命で消えづらい。
 が、世界の世襲は打ち立てられたがゆえに短命で消えやすい。
   ・   ・   ・   
 ヤマト大王家・日本天皇家は、神話のように九州から大和(奈良)に東征したかもしれないが、弥生時代に海の外から日本列島を侵略し、縄文人を支配した異人種異民族異部族ではない。
 つまり、日本民族は残虐な征服者ではない。
   ・   ・   ・   
 縄文人遺伝子の呪縛によって、2000年継承されてきた世襲制万世一系の男系皇室が打倒されず、数万年前から受け継がれてきた皇統は血筋・血統の正統性で守られてきた。
 日本民族は、縄文人遺伝子(Y染色体)を正統に受け継ぐ世襲制万世一系の男系皇室を死を覚悟し命を捨てて守ってきた。
   ・   ・   ・   
 歴史力のない現代の日本人は、日本のグローバル化の為に、ローカルな縄文人遺伝子を消滅させようとしている。
 それが、憲法の正当性による正統女系天皇即位と女性宮家新設である。
 現代の日本国憲法平和憲法)には、日本民族の心・精神・志・気概・気品・品格・品位それ以上に、縄文人の遺伝子や血が含まれていない、草木のない荒れ地の生気のない不毛な憲法である。
 そこに、空想的理想があっても現実的科学は存在せず、思い込み・情緒があっても論理や合理もない。
 日本国憲法の隠れた意図は、縄文人遺伝子(Y染色体)の血筋を正統に受け継ぐ世襲制万世一系の男系皇室の消滅である。
 現代日本人の上辺をとり繕っていたメッキが年を重ねる事で剥がれ、縄文人遺伝子(Y染色体)の日本民族性が薄れた実態が見え始めている。
 それが、左翼・左派・ネットサハ、反天皇反日的日本人達の暴走である。
 日本人の遺伝子の中に、中国や朝鮮由来の渡来系反天皇反日本遺伝子が存在している。
 封じ込められ眠っていた渡来系反天皇反日本遺伝子を呼び覚ましたのは、戦後教育である。
   ・   ・   ・   
 日本民族日本人は、中国人や朝鮮人に似ているところは多い。
 中国人や朝鮮人は、日本民族日本人に似ているところは少ない。
 日本民族日本人と中国人や朝鮮人との違いは、縄文人遺伝子つまりY染色体である。
   ・   ・   ・   
 日本民族は、遺伝子に於いて賢くもないし優れていないし秀でてもいないし強くもない、ごく平凡な能力・才能しか持ち合わせていない。
 ハッキリ言ってしまえば、平均的に劣り弱く愚かである。
   ・   ・   ・   
 日本の最高神は女性神天照大神天皇家の祖先神:伊勢神宮内宮の祭神)で、次席神も女性神豊受大神({とようけのおおかみ}伊勢神宮外宮)で、男性神はその下であった。
 つまり、日本は女性神最高神として鎮座する神の国であった。
 天皇が祭祀王として傅き厳かに「まつりごと」を奉る神とは、血のつながった祖先の女性神である。
 故に、天皇の正統とは最高神である女性神からの血筋である。
   ・   ・   ・   
 民族主義とは、19世紀のヨーロッパで作られた概念であってそれ以前には存在しなかった。
 日本の民族主義による日本国と日本民族は、明治になってから西洋風に作られた新しい概念である。
   ・   ・   ・   
 世襲で血筋・血統を守るとは、代々受け継いできた「遺伝子」を守る事である。
 日本民族の遺伝子とは、数万年前に日本周囲で生活していた縄文人遺伝子を源流としている。
 縄文人遺伝子を受け継ぐのは日本民族琉球人、アイヌ人のみで、中国人や朝鮮人は受け継いでいない。
 縄文人遺伝子を純粋にそして正統に受け継いでいるのが、万世一系男系天皇・皇室である。
 神の血筋・血統を正統とする天皇位は、本流の男系の男子・女子で守り、傍流の女系を完全排除してきた。
   ・   ・   ・   
 遺伝子の血筋を世襲として制度化したのが、日本独自の家元制度・本家制度である。
 歌舞伎など一部の伝統芸能は、世襲を男系女系両系の男子のみに限定し女子を排除し、男から男への一子相伝を守り通してきた。
 それは、女性蔑視でも女性差別でもなかった。
 伝統文化には、女歌舞伎や女相撲など女性だけの伝統芸能があった。
 男子禁制の代表が、世界的に高い評価を受けている宝塚歌劇団である。
   ・   ・   ・   
 日本に女性蔑視でも女性差別を持ち込んだのは、仏教の「女性は修行の差し障り」、儒教の「女性は男性の所有物」、キリスト教「女性は男性の肋骨から創られた」である。
 江戸時代の賢い豪商の多くは、店・商売・家業は外で働く息子に任せたが、金や土地などの資産は娘に継がせた。
 遊んで金遣いの荒い道楽息子・放蕩息子・馬鹿息子に、店・商売・家業と金や土地などの資産を継がせたら全てをなくしてしまう。
 娘にも、歌舞伎役者などに現(うつつ)を抜かすして大金をつぎ込んだり、碌でもない男に惚れて大金を貢いだり、いかがわしい宗教にのめり込んで全財産を寄進する、などという「女の浅はかさ」という危険性はあった。
   ・   ・   ・   
 現代日本の左翼・左派・ネットサハそして反天皇反日的日本人達は、血筋・血統を正統とする万世一系男系天皇制を廃絶する事で縄文人遺伝子の呪縛から日本人を解放しようとしている。
 女系天皇即位・女系宮家新設するとは、日本人の民族主義をローカルな特殊的遺伝子型からグローバルな普遍的イデオロギー型に変える事である。
   ・   ・   ・   
 人類は、約700万年前のアフリカで突然変異として類人猿から分かれて誕生した。
 現代人の直接の祖先であるホモ・サピエンスもアフリカの旧人の中から突然変異として生まれ、アフリカから逃げるようして地球上に移住した。
 突然変異を繰り返す種は生き残り、突然変異を起こさなくなった種は絶滅した。
   ・   ・   ・   
 民族主義には3つの型があり、一番多いのがイデオロギー型で、次に宗教型で、最も少ないのが遺伝型である。
 イデオロギー民族主義の代表が、アーリヤ人ゲルマン民族、アジア人種中国民族(俗に中華民族)、など。
 宗教的民族主義は、ユダヤ民族、その他。
 遺伝子型民族主義は、日本民族、その他。
 一般的に言われる民族主義とは、遺伝子型部族主義である。
 民族主義で説明する国家とは、遺伝子型部族主義の集合体である。
 日本国が単一民族として説明されるのは、数万年前から日本列島に住み着いていた縄文人の遺伝子(Y染色体)を受け継ぐからである。
   ・   ・   ・