260〕─1─徴用工問題。韓国紙は日韓外相会談を「凍り付いた雰囲気」と報じ日本を非難した。~No.775No.776No.777    終わり。  

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】 ・   
 韓国は、日本との友好・善隣関係を望んではいない。
   ・   ・   ・   
 2019年5月23日 産経新聞河野氏「事の重大性を理解してない」 徴用工で韓国批判
 韓国の康京和外相(右)と会談した河野太郎外相=23日、パリ (AP)
 【パリ=三井美奈】河野太郎外相は23日、訪問先のパリで韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談した。いわゆる徴用工訴訟で韓国最高裁判決が日本企業に賠償を命じた問題について、河野氏は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の開催に応じるよう康氏に求めた。康氏は韓国の立場を説明するにとどめたもようだ。
 外相会談に先立ち、韓国外務省報道官は23日、ソウルでの定例会見で、訴訟をめぐって日本企業に損害賠償を支払うよう要求。河野氏はメディアに公開された会談の冒頭、この発言をとらえて「事の重大性を理解していない大変な発言だ」と批判した。康氏は「日本の令和時代が幕開けしたのを機に、韓日関係の難問題が解決されることを期待している」と述べた。
 河野氏は訪仏を前に21日の記者会見で、徴用工問題では「文在寅ムン・ジェイン)大統領が責任を持って対応いただきたい」と主張し、韓国が仲裁委の開催に応じるべきだと訴えた。韓国が仲裁委員会設置に応じない場合、国際司法裁判所(ICJ)への提訴も辞さない構えだ。
 韓国側はこれまで、日本の要請に対し「諸般の要素を考慮し慎重に検討する」との立場を示しただけで、応じるかどうかを明確にしてこなかった。
 外相会談では、韓国が福島など8県産の水産物輸入禁止を続けている問題なども取り上げられた。禁止措置の撤廃を求めた河野氏に対して、康氏は「世界貿易機関WTO)の上級委員会が、韓国の禁輸に対する日本の主張を退けた決定を尊重する」などと述べ、要求に応じなかった。
   ・   ・   ・   
 5月24日12:23 産経新聞「日韓外相会談 徴用工問題、「G20首脳会議前の解決」を韓国側に要求
 韓国の康京和外相(右端)と会談する河野外相(左端)=23日、パリ(共同)
 【パリ=三井美奈】河野太郎外相は23日、訪問先のパリで開かれた韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相との会談で、韓国のいわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償が命じられた問題をめぐり、大阪で来月開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議までに「韓国が対応策を講じてほしい」と主張した。
 日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の開催に応じるよう要請したが、康氏は日本側に「慎重な言動をとることが重要」などと求め、仲裁委開催に同意しなかった。双方の主張は平行線をたどった。
 河野氏は会談後の会見で、この問題は「文在寅ムン・ジェイン)大統領が責任を持って対応策を考えなければ、解決に結びつかない」との考えを示した。日本は20日、日韓請求権協定に基づき、同問題の仲裁委への付託を韓国側に通告しており、河野氏は「一刻も早い仲裁委員の任命を(韓国側に)お願いしたい」とする一方、「付託通告は、韓国が対応策をとることを妨げるものではない」と述べた。
 韓国外務省報道官は23日、ソウルでの定例会見で、判決を受けて日本企業に損害賠償を支払うよう要求。河野氏はこの発言を「重大性の認識がない」と批判し、「個人の感情を優先するのではなく、国交の基礎になる国際法違反の状況をすみやかに是正すべきだ」と反論した。
 韓国外務省によると、康氏は会談で、この問題について、「日本側も被害者の苦痛と傷の治癒のために共に努力する必要がある」と主張した。
 福島など8県産の水産物に対する韓国の輸入規制についても、河野氏が早期解除を求めたのに対し、康氏は「国民の健康と安全が最優先」と述べて、受け入れなかった。韓国の輸入規制については、世界貿易機関WTO)上級委員会が「一審」の紛争小委員会(パネル)判断を覆して日本の主張を退けた。
 両外相は約1時間20分にわたって会談し、北朝鮮情勢についても意見交換した。会談は、パリで開かれた経済協力開発機構OECD)閣僚理事会にあわせて行われた。
   ・   ・   ・   
 5月24日19:41 産経新聞「日韓外相会談 「凍り付いた雰囲気」と韓国紙
 韓国の康京和外相(右)と握手する河野外相=23日、パリ(AP)
 【ソウル=名村隆寛】日韓外相会談では、いわゆる徴用工訴訟問題をめぐる対立が鮮明となった。韓国メディアは24日、河野太郎外相と康京和(カン・ギョンファ)外相による会談の場が「終始、重く凍りついた雰囲気」(朝鮮日報)だったと報じた。
 康氏は会談で、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の開催を受け入れず、歩み寄りを見せなかったにも関わらず「韓日関係全般に否定的影響を及ぼさぬよう、両国外交当局が賢明に解決していく必要がある」と述べた。「慎重な言動の重要性」も日本に求めた。
 「慎重な言動」とは、河野氏が21日、最高裁判決について「文在寅ムン・ジェイン)大統領が責任を持って対応してほしい」と発言したことへの批判だ。河野発言の背景には徴用工問題への対応を文氏から任された李洛淵(イ・ナギョン)首相が「限界がある」とサジを投げたことがある。首相が義務を放棄した以上、大統領が日本との約束事を守り対処するほかない。
 会談に先立ち、韓国外務省報道官は「韓国外務省としては日本企業が最高裁判決を履行する場合、何の問題もないとみる」と述べた。日韓間の財産・請求権問題の完全かつ最終的な解決を定めた日韓請求権協定を、韓国外交当局が、日本企業に賠償を促すかたちで完全に無視している。会談冒頭、河野氏が「事の重大性を理解していない大変な発言だ」と批判したのは当然のことだ。
 しかし、韓国では各メディアが河野氏の発言を「外交的欠礼」と批判している。康氏の日本への「慎重な言動」の要求も同一線上にあり、韓国側による請求権協定への違反や日韓関係の法的基盤を一方的に毀損(きそん)しているとの自覚はないようだ。康氏は外相会談で責任を日本側に押しつけ、今回も責任を日本側に押しつける形となった。」
   ・   ・   ・   

☯63」─4─韓国人がベトナム戦争で犯した時効なき凶悪な戦争犯罪。ベトナム人大虐殺とライダイハン。〜No.292    

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・
 韓国はおぞましい。  
   ・   ・   ・  
 関連テーマ
 韓国がベトナムで犯した罪
 「ライダイハン」。ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士が現地女性を性的暴行し、生まれた混血児を意味する蔑称である。ベトナム社会の片隅で生きる彼らは今も差別に苦しみ、その数は3万人にも上るとされる。韓国がベトナムで犯した罪。慰安婦問題でことさら日本だけを非難する資格などあるのか。
   ・  ・   
 韓国はどうだ
 韓国では常に、どこかの地域、なにかの商品について「日本製品の不売・不買」運動が行われている。オカモトのコンドームに対する「不売・不買」も、そうした韓国型日常の1コマといえる。
 しかし、「オカモトは日本兵慰安所で使う避妊具を供給した“戦犯企業”である」という理由を聞くと、「ちょっと待て」だ。ライダイハン(=ベトナム戦争に派兵された韓国軍兵士や軍属が、ベトナム女性をレイプするなどして生まれた子供)や、コピノ(=韓国人男性がフィリピンでつくり、責任を取らず見捨てた子供)の父親を多数抱えている国が何を言うかではないか。
 昨年暮れ、韓国の複数のスポーツ紙や情報メディアは「戦犯企業オカモトの製品を売るな、買うな」式の煽り記事を掲載した。韓国の慣行からすれば、仕掛け人は国内業界から運動費を受け取り、メディアに売り込む。記者も運動費の一部をもらい、国内レベルではみんな儲かる-俗に言う韓国型「愛国商法」の典型的な構図だ。慰安婦問題が盛り上がっている時機も得ている。
 ベトナム戦争の慰霊廟に建立された、韓国軍によるビンアンでの大虐殺を伝える壁画。左端は韓国兵。殺された母親にしがみつく子供や、怒りをぶつける老人が描かれている
 「だが」と言わざるを得ない。朝鮮人慰安婦日本兵の子供を産んだことがあるのか。日本兵は戦地の慰安所でも必ず避妊具を使う規律を守っていたのだ。それに対して、韓国はどうだ。韓国軍兵士らは3万人ともされるライダイハンを残して逃げ帰ってきた。
 平和な時代になると、韓国の学生らは物価が安く英語圏に属するフィリピンを格好の「語学留学先」にした。そして、フィリピンでもコピノを2万人以上ももうけたまま逃げ帰ってきている。これは多くの場合、結婚詐欺でもある。
 韓国は世界最低の出生率少子高齢化への道を突き進んでいるが、人工中絶大国でもある。韓国の通信社ニューシス(2014年8月28日)は「経済協力開発機構OECD)加盟国のうち避妊実践率は最下位、出生率は全世界的に最下位」と報じている。不妊症が多いのではない。人工中絶率が世界屈指の高さだからだ。
 政府の公式発表によると、15~44歳の女性のうち中絶手術の経験があるのは29・6%(世界3位)であり、11年には新生児47万人に対して人工妊娠中絶16万9000件だった。
 この中絶件数は「合法」の場合の集計値に過ぎない。大韓産婦人科医師会京畿支会の会長は17年の国会で行われた「違法妊娠中絶手術問題の解決策討論会」で、「1日平均3000件以上の中絶が行われているとみられる」と述べている。1日3000件とは1年で100万件超だ。
 ライダイハンにコピノ、そして現に世界に冠たる中絶大国…。この国家にして、この破廉恥「愛国商法」ありと言うほかない。(評論家・室谷克実「新・悪韓論」zakzak、2018.01.11)
   ・   ・   
 「ベトナム大虐殺」現地取材で見た韓国の過ちと憎悪の念
 『村山康文』
 村山康文(フォトジャーナリスト)
 ベトナム戦争第二次インドシナ戦争)は多くの国々が関わった国際的な戦争だった。社会主義を掲げた北ベトナムには中・ソ・北朝鮮が側面支援を主に行い、南ベトナムにはアメリカを筆頭に韓国、台湾、スペイン、東南アジア条約機構(SEATO)の国々が支援した。
 1964年8月、ベトナム北部のトンキン湾北ベトナム軍の哨戒艇が米軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる「トンキン湾事件」が起きる。これを機に、アメリカは本格的な軍事介入を始め、翌65年2月に北爆を開始。同時期に韓国軍の派兵も始まった。
 朝鮮戦争で壊滅的な被害を受けた韓国。休戦の53年にはアジア最貧国グループの一つとなった。当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領は、日本が朝鮮戦争で高度経済成長のきっかけをつかんだことをよく知っていた。韓国を豊かな国に変えるべく、ベトナム戦争を経済発展の絶好の機会ととらえ、韓国軍戦闘部隊のベトナム派兵を決定する。
 韓国の派兵は64年9月に医療班やテコンドー教官などの非戦闘先遣部隊が送り込まれ、翌65年2月、工兵部隊を中心に2000人を派遣。戦況が悪化していくにつれ、同年10月には1万8500人あまりの戦闘部隊を本格的に投入した。その数や、韓国軍が撤退する73年3月までに延べ32万5517人にのぼり、アメリカに次ぐ大量派兵となった。
 韓国軍のベトナム参戦について、ノンフィクション作家の野村進氏が『コリアン世界の旅』(講談社、1997年)の中で、韓国軍元上等兵の発言を次のように書き綴っている。
 「韓国がベトナム戦争に参戦したのは、世界の自由主義を守るためだとか言ってましたけど、本当はカネのためなんですよ。カネ目当てなんだから、早い話がアメリカの“傭兵”ということですよね」
 「カネ」のためにベトナム戦争に参戦した韓国軍。彼らはベトナムの地で歴史上ぬぐい去ることのできない多くの恥辱を残すこととなる。韓国軍戦闘部隊の多くは、ベトナム中部のニントゥアン省からダナン市にかけての海岸沿いを走る国道1号線の主要都市に駐屯し、至るところで罪もない民間人の虐殺を繰り返した。
 1990年代後半に、ホーチミン大大学院でベトナム現代史を勉強していたク・スジョン氏。彼女がベトナム政府局の資料を入手し、韓国の左派紙「ハンギョレ」に提供した情報によると、「韓国兵はきれいに殺して、きれいに燃やし、きれいに破壊するというスローガンのもと、掃討作戦を繰り広げて、民間人を次々と無差別殺戮していった」(『ハンギョレ21』1999年5月 第256号)。
 また、韓国軍の虐殺地が点在しているベトナム中部のフーイエン省で『フーイエン省の歴史書』(2013年12月発行)の作成のために聞き取り調査を行い、編纂(へんさん)したフーイエン新聞社のファン・タン・ビン編集長(54歳=09年9月当時)は次のように話す。
 「韓国兵は村のすべてを焼き払い、無抵抗の子供や妊婦も容赦なく殺害し、年ごろの娘においては輪姦したあとに女性器を銃剣でかき回し、射殺するという暴挙もあった」。そしてついには、「韓国兵に出あうことは死ぬことだ」と、ベトナム人に言わしめたという。
 韓国軍のベトナム戦争参戦によって起きた問題は、「民間人虐殺行為」だけではなく、「ライダイハン」問題がある。ライダイハンとは、「ライ」がベトナム語で混血を表し、「ダイハン(大韓)」は韓国を意味する蔑称である。ベトナム戦争時にできたライダイハンの数は、最少1500人(朝日新聞1995年5月2日付)から最大3万人(釜山日報2004年9月18日)と推計されている。
 ベトナム戦争時、中部ビンディン省にできた韓国軍施設でウエートレスをしていたヴォー・ティ・マイ・ディンさん(59歳=09年9月当時)は、19歳のころに施設内の食堂で輪姦され、誰の子だかわからないライダイハンの息子、ヴォー・スアン・ヴィンさん(39歳=同)を身ごもった。
 ヴィンさんは母を前にして寂しそうに話す。
 「戦後、アメラジアンアメリカ人とアジア人のハーフ)同様、『敵国』との間の子だと差別され、辛かったことを覚えています。小学校のころには、『この学校に敵がいると規律が乱れる』と罵られ、帰り道、同級生に石を投げられたこともありました」
 ヴィンさんは戦後40年以上経った今でもライダイハンというだけで差別を受けて定職に就くことができず、日雇いでトラックの積み荷を降ろす仕事をしている(2015年6月当時)。
 では、ベトナムの地で数々の過ちを犯した韓国は、戦後、どのような補償をしているのだろうか。
 2000年代に入り、ようやく韓国の市民団体らが、韓国軍による民間人虐殺やライダイハンに対する謝罪の意味合いを込めて、韓国軍が駐屯地を中心に「ベトナム平和医療連帯」が無料診療を行い始め、虐殺があったとされる場所の「憎悪碑」や「慰霊碑」などの訪問を始めた。
 また、03年1月には韓国左派紙のハンギョレ新聞社が資金を募り、フーイエン省ドンホア県に8000平方メートルの土地を買い、10万米ドル(およそ1100万円)をかけて、韓越平和公園を造景した。しかし現在、公園は利用者もなく放置され、ゴミが散らばり、廃園となっている。
 韓越平和公園の近くに住み、カフェを営む50代の女性は、「公園はボロボロで汚いし、使い物にならない。手入れされていない木が生い茂っているので、たまに若いカップルが木陰で話しているくらいです。韓国軍が虐殺事件を起こした地域に公園を造るなら話もわかりますが、なぜこの場所にあんな大きな公園を造ったのかが理解できません」と話す。
 韓越平和公園造景後、同地域に韓越友好病院(05年9月)を設立。15年3月には韓国軍の虐殺が行われたフーイエン省タイホア県内に、韓国の民間支援で小学校を創立した。
 さらに16年春、「平和の少女像(慰安婦像)」を作成した彫刻家のキム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻が、ベトナム戦争での韓国軍による民間人虐殺を謝罪する意味で「ベトナムピエタ像」を制作。16年中に韓国の済州(チェジュ)江汀(カンジョン)村とベトナムクアンガイ省ビンソン県に建立される予定だった。ベトナム戦争終結から42年目の17年4月30日、韓国の済州江汀村でお披露目されたが、ベトナムでは未だ世に出ていない。
 また、16年10月11日に韓越平和財団が、ダナン市にある中部最大のダナン博物館に「ベトナムピエタ像」を贈呈。さらに同年12月3日、クアンガイ省ビンソン県での韓国軍による民間人虐殺の生き残り、ドアン・ギアさん(50歳=16年9月当時)の自宅訪問の際、「ピエタ像」を持参した。
 しかし、「ピエタ像」は、ダナン博物館では日が当たることもなく地下倉庫に眠り、ギアさんはクアンガイ省庁から受け取ることを拒否するように言われているため、受け取ることができなかった。
 「韓越の関係は今、良くなっています。私らがピエタ像を受け取るということは、今さら過去を掘り返してまで、時代に逆行することはないということでしょう」(ギアさん)
 韓越問題に詳しいベトナムのジャーナリスト、チャン・クアン・ティさん(39歳=同)。フーイエン省で生まれ、祖父母から韓国軍による民間人虐殺の話を聞いて育った。
 「右肩上がりの今のベトナム経済にとって、韓国は切っても切り離せないでしょう。しかし、だからと言って過去の韓国軍による民間人虐殺やライダイハン問題に蓋をして、なかったことにするというのは筋違いです。ベトナム政府も目先の『カネ』ばかりを追うのではなく、じっくりと韓国政府と向き合い解決の糸口を見つけるべきです」
 韓国の政府レベルでは、98年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領が訪越した際に「不本意ながら、過去の一時期、ベトナム国民に苦痛を与えたことを遺憾に思う」と謝罪するも、保守派ハンナラ党(現セリヌ党)副総裁だった朴正煕の娘、朴槿恵(パク・クネ)氏が、金大中の発言に対し、「大統領の歴史認識に不安を抱く。軽はずみな発言は参戦者会の名誉を著しく傷つけた」と強く非難した。
 13年2月、朴槿恵氏が大統領に就任する。9月に初訪越し、ベトナムチュオン・タン・サン国家主席と会談したが、ベトナムに向けた謝罪の言葉は一切なかった。また17年11月に文在寅ムン・ジェイン)大統領も初訪越し、チャン・ダイ・クアン国家主席と会談。しかし、そこでも謝罪の言葉はなく、革新派としての姿勢を後退させた。
 「平和の少女像(慰安婦像)」は、ソウル特別市の在大韓民国日本国大使館前(2011年12月設置)を始め、釜山市の在釜山日本国総領事館前(16年12月設置)、加えて海外のカナダ・トロント市(15年11月設置)やアメリカ・サンフランシスコ市(17年9月設置)などに次々と建立している。
 「思わずブロンズ像建立が趣味なのですか?」と問いただしたくなるほど自己主張する韓国の行動。ベトナム戦争時、被害に遭遇したが奇跡的に生き延びた人らは、少なくとも押し付けがましい「ハコモノ設置」や「ブロンズ像建立」よりも、韓国国家の「正しい判断」を求めている。

   ・   ・   
 なぜ韓国は「ライダイハン」に無関心でいられるのか
 『竹嶋渉』
 竹嶋渉(元在韓ジャーナリスト)
 「他人がやれば不倫、自分がやればロマンス」。韓国で「自分に甘く、他人に厳しい」、つまり「身内びいき」や「ダブルスタンダード」を指して語られる言葉である。
 「ライダイハン」とは、「韓国系のベトナム人」を意味する言葉である。もともとはベトナム語で「Lai Đại Hàn(𤳆大韓)」と表記するが、韓国でも一般に広く用いられている。
 なぜ、韓国の隣国でもないベトナムに「韓国系ベトナム人」が存在するのだろうか。これは、韓国のベトナム戦争参戦が原因である。韓国は1964年からベトナムに派兵し、本格的にベトナム戦争に参戦した。ベトナムに赴いたのは韓国軍の軍人だけではない。軍人とともに数多くの労務者や韓国企業の労働者が特需を求めてベトナムに殺到した。大韓航空を傘下に収める「韓進」は軍需品の輸送で、「ヒュンダイ」の名で知られる「現代」は土木・建設分野で、今はなき「大宇」は繊維製品をはじめとする軍需品の生産で大きく飛躍した企業である。最盛期には、5万人の韓国軍がベトナムに駐留し、それに伴って韓国人労働者の数も2万人まで増加した。その過程で韓国人男性とベトナム人女性の間に数多くの「韓国系ベトナム人=ライダイハン」が誕生することになった。
 1973年のパリ平和協定に伴って韓国軍がベトナムから撤退し、75年の南ベトナムベトナム共和国)の崩壊とともに韓国企業や韓国人労働者もベトナムから撤収することになった。統一されたベトナムで「ライダイハン」は「敵軍との間に生まれた子ども」としてさまざまな圧迫や差別に直面することになった。ちなみに「ライダイハン(𤳆大韓)」の「𤳆」は「ハーフ」をあらわす接頭辞であるが、そこには多分に軽蔑の意味が込められている。
 現在、「ライダイハン」の正確な数は把握されていない。1500人から3万人までさまざまな数字が提示されているが、公式的な統計は現在も存在しない。その内幕については公にされていないが、強姦や売買春の他に、韓国人の「現地妻」が生んだ「ライダイハン」も相当数存在すると思われる。「ライダイハン」の居住地は韓国軍が駐屯していたホーチミンサイゴン)、クィニョンなどであり、首都・ハノイにはほとんど居住していないという。
 92年に韓国とベトナムは国交を回復したが、修好に際し韓国の盧泰愚大統領(当時)は「ライダイハン」に対して、謝罪どころか何の言及もしなかった。ただ、修好が契機となり、韓国国内で「ライダイハン」に対する関心が一時的に高まったことも事実である。修好直後には「『ライダイハン』が生みの父と再会した」などというニュースが「美談」として報じられもした。
 94年2月には韓国南部の馬山の短大に留学していた「ライダイハン」が23年ぶりに韓国人の父親と再会し、韓国のマスコミは「韓国人の父親の国で技術を学びに来て、23年ぶりに生みの父に会う喜びをかみしめた『ライダイハン』」などと浪花節調に報じていた。ただし、そうした関心も一時的なもので、韓国政府が「ライダイハン」に対して積極的な対応策を取ることはなかった。韓国の民間団体やキリスト教宣教団体がベトナム現地で「ライダイハン」に対する支援事業を行うことはあったが、現在に至るまで、韓国政府が公式的に「ライダイハン」について何らかの支援処置を講じたことはない。また、大多数の韓国人も「ライダイハン」については無関心のままであった。
 これは、ベトナムにおける韓国軍の蛮行が韓国国内ではまったく報じられてこなかったためでもある。韓国軍がベトナム戦争において民間人虐殺や婦女子強姦などの悪行を働いてきたことは周知の事実であるが、韓国では、90年代中盤になるまで完全に隠蔽(いんぺい)され、公の場で語られることはなかった。90年代の中盤から韓国の進歩系メディアによって、ベトナム戦争における韓国軍の蛮行が明らかにされ始めたが、そうした報道がなされる度に、ベトナム参戦兵の団体からの妨害や襲撃が繰り返されてきた。
 「ライダイハン」に対して語ることは、韓国軍の強姦や買春、韓国人労働者の無責任な養育放棄に触れることにほかならず、「自由陣営の一員として民主主義を守るためにベトナムで戦った」韓国の国家的な威信を傷つけることにつながるからである。そうした韓国で「ライダイハン」に注意を払う韓国人が皆無だったとしても不思議ではない。
 韓国のキリスト教系放送局であるCBSは、昨年11月14日、韓国軍の強姦によって生まれた「ライダイハン」が、ベトナムで「敵軍である韓国軍の子」として迫害を受け、就学や就職、就業などでさまざまな差別を受けている実態を放送している。この放送では、韓国の国防部(国防省)が「現在でも、韓国軍の強姦問題については事実関係が明らかではないため、当分の間、別途の調査計画がない」という立場を取っていることも報じられた。日本に対しては慰安婦問題などで「反省」や「謝罪」を要求してくる韓国人であるが、いざ自分のこととなると、「反省」や「謝罪」どころか、調査すらしないのである。
ベトナムで差別され、韓国からも見放された孤立無援の「ライダイハン」の中には、韓国で訴訟を起こし、自らの父親が韓国人であることを立証して、韓国国籍を取得することができた者もいる。2000年代に入るとこうした父親との血縁関係確認訴訟が相次ぐようになった。
 2002年7月26日、ソウル地方裁判所は産業研修生として韓国に入国した「ライダイハン」R氏が父親を相手に起こした訴訟で、「血縁関係が認められる」という判決を下している。注目されるのは、その「血縁関係」の内幕である。判決は、「父親の李○○氏はベトナムホーチミン(旧サイゴン)で自動車修理工として勤務していた去る69年にベトナム人女性に出会い、原告が生まれた後、74年にベトナムの国内法に従って結婚したという事実が認められる」として、原告勝訴の判決を下している。要するに現地で結婚しておきながら、妻子を捨てて韓国に帰国していたわけである。李氏は控訴せず、R氏は李氏の戸籍に「子」として記載されることになり、遺産相続や韓国国籍取得も可能になった。ただし、これは父親が韓国人であるということが立証できた場合に限られている。
 また、韓国国籍の取得と韓国国内での就職を目指すR氏のようなケースは、「ライダイハン」の中で少数派である。韓国とベトナムの経済関係が発展するにつれ、「ライダイハン」の境遇もある程度改善されたからである。2世、3世の「ライダイハン」の中には、その出自を生かしてベトナムに進出した韓国企業に就職し、一般のベトナム人よりはるかに高い給与と恩恵を享受している例も散見される。必ずしも「ライダイハン」のすべてが偏見と差別に苦しんでいるわけではないのである。
 「ライダイハン」の境遇は改善されつつあるようだが、ここに来て新たに「新ライダイハン」の問題が台頭している。「新ライダイハン」とは、92年の修交後、ベトナムに進出した韓国人男性とベトナム人女性の間に生まれた子供のことである。なぜか、韓国人は事業で海外などに進出した場合、「現地妻」を囲う傾向があるようで、1999年7月14日付聯合ニュースは、ベトナムに事業目的で居住する韓国人の30%程度が「ベトナム人現地妻」を囲っていると報道している。問題は、こうした韓国人男性が「現地妻」と、「現地妻」に産ませた子供を放棄して帰国してしまう事例が後を絶たないということである。韓国では、いまだ「新ライダイハン」についてあまり公に語られていないが、遠からず問題となることは明らかである。なぜなら、フィリピンに事業目的で進出した韓国人とフィリピン人「現地妻」の間に生まれた子供による認知が、すでに大きな問題になっているからである。
 韓国人とフィリピン人「現地妻」との間に生まれた子供を「コピーノ」と呼ぶ。「ライダイハン」同様、「コピーノ」の数は正確に把握されていないが、ECPAT(アジア観光における児童買春根絶国際キャンペーン)関連団体の集計によると3万人にも達するという。2014年には、「コピーノ」の兄弟が事業家である韓国人男性を相手取って起こした訴訟において、ソウル家庭裁判所が「嫡出子であることを認知する」という原告勝訴判決を言い渡している。
 被告の韓国人男性は90年代末にフィリピンで現地女性と同居し、二人の息子をもうけたが、2004年に韓国に帰国し連絡を絶ったという。この当時、同様の訴訟が9件も進行中で、被告はいずれも事業や留学を目的としてフィリピンに赴いた韓国人男性だった。過去、日本人男性もフィリピンで現地女性との間に子供(「ジャピーノ」と呼ばれる)をもうけた後、養育を放棄する事例があり、大きな社会問題になったことがあるが、それと同様の問題が韓国でも起きているのである。ただし、日本は法改正を行い「ジャピーノ」の国籍取得の簡略化に努めている反面、韓国政府はまったく無関心である。そのため、子供の認知訴訟のために韓国に入国しようとしたフィリピン人女性が、経済事情を理由にビザの発給を受けられないという事態まで起こっている。
 現在、「新ライダイハン」の数は1万人に達しているとされるが、「コピーノ」同様、韓国政府は何らの対策もとっていない。キリスト教系放送局であるCBS「ノーカットニュース」は2008年12月25日、「新ライダイハン」出生の事例と、現在の境遇について報じている。報じられた事例は、ホーチミンに住むベトナム人女性Aさん(32)とBさん(26)のケース。Aさんはベトナムに進出した韓国企業で出会った韓国人男性との間に息子1人をもうけたが、男性は2005年5月に帰国後、連絡を絶った。Aさんはシングルマザーとして息子を育てている。Bさんの夫である韓国人男性(56)は「病院治療に行く」という名目で韓国に帰国、消息不明となった。後にBさんの夫は営んでいた水産事業に失敗し、韓国に逃亡したことが判明。Bさんもシングルマザーとして6歳の息子を育てている。今後、「コピーノ」同様、こうした「新ライダイハン」による認知訴訟が起こされ、韓国の新たな社会問題になることは容易に想像がつく。
 昨年、韓国では、ベトナム修好25周年を記念する映画『パパの川』の制作が発表された。この映画は韓国・ベトナムの共同制作で、「韓国人の父親とベトナム人の母親との間に生まれた主人公が韓国でオーディション番組に参加してスターとなり、父親に会うという内容」だという。昨年の8月30日には撮影地である南東部の都市、蔚山で制作発表会も開かれた。実は、韓国ではこれまでも「ライダイハン」を題材とした映画やドラマが製作されてきた。こうした作品の中には「ライダイハン」が置かれている境遇を真摯(しんし)に扱った作品もあるのだが、報道を見る限り『パパの川』がそうした内容だとは到底思えない。「ライダイハン」が生まれた経緯や実態把握には大した関心がないくせに、こうした興行活動にはやたらとご熱心な韓国人の姿勢には、正直、強い違和感を抱かざるを得ない。日本に対しては、事あるごとに「正しい歴史認識」と、「過去に対する謝罪」を求めている韓国人だから、なおさらなのである。
 やはり、「他人がやれば不倫、自分がやればロマンス」ということか。
   ・   ・   ・   

۞91〕─2─中国の妓女制度が朝鮮で妓生(キーセン)文化を生んだ。〜No.268No.269  終わり。     

   ・   ・   ・    
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・  
 朝鮮は、中国同様に男尊女卑の中華儒教朱子学)に支配され、女性には人権はなく家畜の様に扱われていた。
   ・   ・   ・   
 日本は、最高神である女性神天照大神天皇・皇族の祖先神)が鎮座し、天皇霊天皇の霊に基ずく霊験で諸々の穢れを払い浄め、大御心・天皇の御稜威という慈しみで包み込んでいる、神聖な地・神の国であった。
 日本民族帰化人は、女性神天照大神を崇拝し、天皇と日本国への忠誠を誓っていた。
 朝鮮系中国系渡来人は、女性神天照大神の崇拝を拒み、天皇と日本国への忠誠を拒否した。
   ・   ・   ・   
 2019年6月号 WiLL「芸能界性接待でわかった韓国は売春天国 藤井実彦
 若い韓国人女性の25人に1人の割合で売春婦という統計が!
 ……
 歴史を振り返ると、現在の状況が韓国独特の文化に根ざしていることがわかる。
 伝統的な妓生文化
 高麗時代(918~1392年)には、中国の妓女制度が伝来して朝鮮特有の妓生制度が誕生した。その仕事は官僚や辺境の軍人への性的奉仕だったとされる。
 その後、高麗は政府直属の妓生学校を設立し、国家が管理する官妓(かんぎ)らはそこに登録された。
 李氏朝鮮時代(1392~1897年)に引き継がれた妓生は、国境兵士のための慰安婦としても活用されるが、それだけではなく、なんと山寺の僧坊で売春が定期的に行われた歴史もあったという。
 第二次大戦後、朝鮮戦争が勃発、駐留米軍のための公娼制度がつくられ、外貨獲得の重要な資金源となった。こお公娼は羊公主(ヤンゴンジュ)と呼ばれ、1966年の韓国紙によれば『当時全国190ヵ所の国連軍専用ホールから出てくる外貨が1年に1,000万ドルに達すると推定した。
 1966年当時、我が国の貿易で稼ぐ外貨は2億5,000万ドルだった』というから、当時の貿易の4%を稼ぎ出していたことになる」
   ・   ・   ・   
 朝鮮には、高麗時代から国家管理の官妓・妓生と言われる宮中慰安婦従軍慰安婦が存在していた。
 官妓・妓生は、国家が認める正当な公娼で私的な娼婦・売春婦ではない。
 歴代の中華帝国は、朝鮮に対して妓生の献上を命じていた。
 朝鮮は、命じられた人数の妓生を宮中慰安婦として中華皇帝に献上していた。
   ・   ・   ・   
 ウィキペディア
 妓生 (きしょう、기생、キーセン) とは、元来は李氏朝鮮時代以前の朝鮮半島に於いて、諸外国からの使者や高官の歓待や宮中内の宴会などで楽技を披露したり、性的奉仕などをするために準備された奴婢の身分の女性(「婢」)のことを意味する。
 甲午改革で法的には廃止されたが、後に民間の私娼宿(「キーセンハウス」など)の呼称として残存し、現在に至る。

 概要
 妓生(1910)
 高麗から李氏朝鮮末期まで約1000年間、常に2万 - 3万名の妓生がおり、李朝時代には官婢として各県ごとに10 - 20名、郡に30 - 40名、府に70 - 80名ほどが常時置かれていた。

 起源
 その起源には諸説あり定かでない。
 巫女の遊女化説と百済の揚水尺説
 妓生は歌や踊りで遊興を盛り上げるのを生業とし、売春する二牌、三牌は妓生とは呼ばれていなかった[5]。発生には諸説あり、新羅の巫女の遊女化から始まったとか高麗時代の百済の揚水尺に歌舞を習わせたものとも言われている[6]。
 
 中国の妓女と妓生
 詳細は「妓女」を参照
 朝鮮の妓生制度は、中国の妓女制度が伝わったものといわれる。妓女制度はもとは宮中の医療や歌舞を担当する女卑として妓生 (官妓) を雇用する制度であったが、のちに官吏や辺境の軍人の性的奉仕を兼ねるようになった>。

 新羅の源花・天官女
 宗教民俗学者の李能和『朝鮮解語花史』(1927年) によると、新羅の真興王37年に「源花を奉る」とあり、源花は花郎 (ファラン) と対になっており、源花は女性、花郎は美少年がつとめ、これが妓生のはじまりであるとする。また、新羅時代の天官女が妓生制に相当するといわれている。

 百済遺民説
 李能和も『高麗史』にもとづき、百済遺民の女性を飾り立て高麗女楽を習わせたことも起源の一つとしている。また、李氏朝鮮後期の学者丁茶山 (1762-1836) の説では妓生は百済遺民柳器匠末裔の楊水尺 (賤民) らが流浪しているのを高麗人李義民が男を奴婢に女は妓籍に登録管理したことに由来するともいう。

 日本の傀儡子との関連
 柳田國男は妓生と日本の傀儡子は同祖と考えたが、のちに撤回した。その後、滝川政次郎なども同系説を提唱し、川村湊も性器信仰が妓生と傀儡子に共通することなどから、渡来説は有力とみている。

 高麗の妓生制
 高麗時代 (918年-1392年) に、中国の妓女制度が伝わり朝鮮の妓生制度になった。
 官妓 (女官)・官婢の中で容姿の優れた者を選別し、歌舞を習わせ女楽 (高麗女楽) とした。高麗は政府直属の掌学院を設立し、官妓らはそこに登録され、歌舞や医療などの技芸を担当した。

 辺境軍人の慰安婦として
 掌学院に登録された妓生は次第に官僚や辺境の軍人への性的奉仕も兼ねるようになった。
 李朝時代にも妓生は国境守備将兵慰安婦としても活用され、国境の六ヶ所の「鎮」や、女真族の出没する白頭山付近の四ヶ所の邑に派遣され、将兵の裁縫や酒食の相手や夜伽をし、士気を鼓舞した。

 李氏朝鮮の妓生
 1904年の妓生の少女たち
 李氏朝鮮時代の妓生は女楽のほかに宮中での医療を行い、衣服の縫製もしたので、薬房妓生、尚房妓生という名称も生まれている。妓生は、官に属する官妓 (妓女・ソウルに仕える宮妓と地方の郷妓に分かれる) と、私有物である妓生が存在したが、大半は官妓だったようである。妓生になる女性のほとんどは奴婢であるが、実家の没落・一家離散または孤児となったり、身を持ち崩すなどした両班の娘などが妓生になる場合も多かった。李氏朝鮮の妓生は高麗女楽をルーツにしており、宮中での宴会に用いる為の官妓を置き、それを管理するための役所妓生庁が存在した。一般的に、妓生は両班を相手とするため、歌舞音曲・学問・詩歌・鍼灸などに通じている必要があった。また、華麗な衣服や豪華な装飾品の着用が許され、他国の高級娼婦と同様に服飾の流行を先導する役目もした。

 妓生制存廃論争
 1392年に李氏朝鮮が成立し、1410年には妓生廃止論がおこるが、反対論のなかには妓生制度を廃止すると官吏が一般家庭の女子を犯すことになるとの危惧が出された。山下英愛はこの妓生制度存廃論争をみても、「その性的役割がうかがえる」とのべている。4代国王世宗のときにも妓生廃止論がおこるが、臣下が妓生を廃止すると奉使 (官吏) が人妻を奪取し犯罪に走ると反論し、世宗はこれを認め「奉使は妓をもって楽となす」として妓生制度を公認した。

 妓生庁
 平壌にあった妓生学校
 李氏朝鮮政府は妓生庁を設置し、またソウルと平壌に妓生学校を設立し、15歳〜20歳の女子に妓生の育成を行った。

 燕山君と妓生
 李能和によれば、李王朝の歴代王君のなかでは9代国王成宗とその長子である10代国王燕山君が妓娼をこよなく愛した。
 とりわけ燕山君は暴君、もしくは暗君で知られ、後宮に妓娼をたくさん引き入れ、王妃が邪魔な場合は処刑した]。化粧をしていなかったり、衣服が汚れていた場合は妓生に杖叩きの罰を与え、妊娠した妓生は宮中から追放し、また妓生の夫を調べ上げて皆斬殺した。
 燕山君は名寺刹円覚寺を潰し、妓生院を建て、全国から女子を集め大量の妓生を育成した。燕山君の淫蕩の相手となった女性は万にいたったともいわれ、晩年には慶会楼付近に万歳山を作り、山上に月宮をつくり、妓生3000余人が囲われた。燕山君の時代は妓生の全盛 (絶頂) 期ともいわれる一方でこれらは燕山君の淫蕩な性格に起因するといわれており、妓生の風紀も乱れた。

 運平・青女
 燕山君は、妓生を「泰平を運んでくる」という意味で「運平 (うんぴょん)」と改称させ、全国から美女であれば人妻であれ妾であれ強奪し、「運上」させるよう命じた。全国から未婚の処女を「青女」と呼んで選上させたり、各郡の8歳から12歳の美少女を集め、淫したとも記録され、『李朝実録』では「王色を漁す区別なし」と記している。

 妓生と外交
 燕山君の時代などでは王が女淫に耽ったため、臣下も風俗紊乱であった。川村湊はこの時代を「畜妾、畜妓は当たり前のことであり、妓生の、妓生による、妓生のための政治というべきもの」で、朝鮮は「妓生政治・妓生外交」を行っていたと評した。

 貢女
 妓生は外交的にも使われることがあり、中国に貢女 (コンニョ) つまり貢ぎ物として「輸出」された。高麗時代には宋の使いやまた明や清の外交官に対しても供与された。
 李朝時代でも成宗が辺境の娼妓は国境守備の将兵の裁縫のために置いたものだが都の娼妓は風俗紊乱をもたらしているために妓生制度を廃止したらどうかと提案したところ、臣下は「中国の使臣のために女楽を用いるため妓生は必要です」と妓生の外交的有用性をもって答えたため、成宗は満足して妓生制度を公認している。これらは日本人 (倭人) に対しても行われ、1507年の『権発日記』には倭の「野人」にも美しい妓生を供進したと記録されている。
 川村湊は、朝鮮の中国外交は常に事大主義を貫き、使臣への女色の供応は友好外交のための「安価な代価 (生け贄) にほかならなかった」とし、また韓国併合以後の総督府政治もこのような「妓生なくして成り立たない国家体制」を引き継いだものであるとした。

 大韓民国の妓生・キーセン
 韓国軍慰安婦
 「韓国軍慰安婦」および「在韓米軍慰安婦問題」を参照
 大韓民国の成立後に朝鮮戦争が勃発し、戦火で焼き尽くされた国土の復興には莫大な費用が必要になった。朴正煕大統領は、1965年の日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約で獲得した資金を元に復興を進め、在韓米軍を新たな復興への資金源として見出した。当時、駐留米軍に対する風俗店は、朝鮮語でヤクザと呼ばれる非合法の犯罪組織が関与しており、莫大な金額が地下に流出していた。これを一斉に摘発し、新たな国営の娼館制度を代わりに据え、外貨獲得を行った。これが便宜的に国営妓生と呼ばれる制度であり、更なる外貨獲得を目指して、一時はベトナム戦争時など海外にも派遣された。

 「キーセン観光」
 日本が復興し、海外旅行が再開されると、日本からの観光客に対しても、国営妓生が使われた。1990年代まで、キーセン旅行と呼ばれるほど韓国旅行が風俗旅行と同等の意味を持っていたのはこのためである。 交通公社や近畿日本ツーリストの旅行では、羽田発二泊三日で35,000円位、「妓生」と見合いの後、夕食が終わるとホテルに「妓生」が来た。夜の街に出たり、部屋で駄弁ったりして、翌朝まで一緒にいて、30,000円を要求された。
 夜の町に一人で出ると、屈強な男性(人は警察官という)が尾行してきた。おかげで、安心して横町の屋台などで、ソウルの夜が楽しめた。生きたまま刻んだタコを食べたり、直ぐにできるオーダーメイドのシャツを買ったりして、ホテルに戻ってベッドに入るとボーイがドアをノックして来た。「お一人ですか?お寂しくないですか?」ドアーの上の回転窓には、当時日本ではやったジーンズのジャンパーなど羽織った2人位の女性がボーイの後ろで、壁に体を寄せて控えている。
 深夜2時過ぎまで、何度もボーイのノックがあった。ボーイにも歩合が入るようであった。業者は、「妓生」とは言わず、「姫様」と呼んでいた。
  ・  ・  
 大韓民国における売買春
 出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 大韓民国における売買春は違法であるが、韓国女性政策研究院によれば、韓国における性売買の規模は2007年には合計14兆大韓民国ウォン(130億米ドル)と推計され、これは韓国の国内総生産 (GDP) のおよそ1.6%に当たる。
 2007年の売買春における取引回数は9千4百万回と、2002年の1億7千万回から減少した。売買春での取引総額は14兆ウォンで、2002年の24兆ウォンよりもかなり低かった。売春婦の数は同じ時期に26万9千人へと18%減少した。法的制裁と警察による取締にもかかわらず、売買春産業は韓国で栄え続けており、売買春産業に従事するものは国の活動に対して活発に抵抗し続けている。
 1989年のYMCAの調査では、売春女性の数は、15~29歳の女性620万人の約1/5に当る120万~150万人にもなり、売春業の年間総売上高は国民総生産(GNP)の5%に当る4兆ウォンを超えるという報告が出ている。
 韓国の男性の相当数は「買春は社会生活の一部」と考えており、女性家族部がソウル大学女性研究所に依頼して実施した2010年性売買実態調査によると、買春経験者は49%で、買春回数は8.2回だった。
   ・   ・   ・   
 世界大百科事典 第2版の解説
 キーセン【妓生 Kisaeng】
 朝鮮の伝統的な芸妓。キーサンとも表記する。もと奢侈奴隷として発生し,のちには歌舞を売るものとして身分的には官婢であった。妓生は新羅時代にも存在したが,正式に官婢としての妓生が登場するのは高麗時代の初期である。高麗の官僚制度が確立し,地方官衙の歌舞のために制度的に設置された妓生は,以後李朝末期までの約1000年間全国につねに2万~3万名が存在したことになる。李朝時代には官婢として県に10~20名,郡に30~40名,府に70~80名ほどが常時置かれていた。
 出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報
   ・   ・   ・   

259〕─1─韓国は、外交青書から日韓の未来志向を消し去った。~No.772No.773No.774     

    ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】 ・
 2019年5月13日 産経新聞「【外交安保取材】外交青書から消えた日韓の「未来志向」
 10日で就任2年を迎えた韓国の文在寅大統領(ロイター)
 令和元(2019)年版の『外交青書』は、日韓関係をめぐり、これまで記載していた「未来志向」の文言を含む表現を削除した。いわゆる徴用工判決をはじめ、韓国の文在寅ムン・ジェイン)政権が両国間の問題を一方的につくり出してきた昨秋以降の現状を反映した形で、政府は、このままでは韓国と未来は描けないと認識しているとようだ。10日で発足から2年を迎えた文政権が日本に対する言動を改めない限り、外交青書の記述も改善されることはなさそうだ。
 かつては「基本的価値を共有」
 外交青書は、そのときどきの日本の外交方針・活動をまとめた政府刊行物で、毎年4月に外相が閣議に報告し、6月に市販するのが通例だ。外務省のホームページでも公開されている。
 二国間関係や地域情勢をめぐる記述は、政府の公式見解を示すため、外交青書は各国の政府も注目し、政治・外交の研究資料としても利用されている。
 河野太郎外相が今年の外交青書閣議に報告したのは4月23日。記者は、北朝鮮情勢や北方領土交渉といったテーマとともに、日韓関係に関する記述の変化に注目した。
 というのは、近年、外交青書の日韓関係をめぐる表現の変更がニュースとなってきためだ。
 「未来志向」の4文字は平成10(1998)年10月、当時の小渕恵三首相と金大中(キム・デジュン)大統領が東京で署名した日韓共同宣言(日韓パートナーシップ宣言)で、金氏の発言として記されている。
 「両国が過去の不幸な歴史を乗り越えて和解と善隣友好協力に基づいた未来志向的な関係を発展させるためにお互いに努力することが時代の要請である」 
 この宣言の後、両国の歴代首脳は「未来志向」の日韓関係に言及し、外交青書も発言に触れたり、「未来志向の友好・協力関係を更に発展させていくことが重要」(15年版)などと記したりしてきた。
 16年に第一次政権を発足させた安倍晋三首相は「未来志向」に加え、日韓は「自由と民主主義、基本的人権等の基本的価値」を共有するパートナーであると新たに定義した(19年版外交青書)。
 この定義は福田康夫麻生太郎両政権と旧民主党政権にも引き継がれた。20年版からは「重要な隣国同士」との表現も加わり、「日韓両国は、自由と民主主義、基本的人権などの基本的価値を共有する重要な隣国同士」(23年版)などと記載されてきた。
 ところが、27年版は「自由、民主主義、基本的人権などの基本的価値を共有する」との表現を削除し、単に「日本にとって最も重要な隣国」とした。
 背景には、朴槿恵(パク・クネ)前大統領に関する署名コラムを書いた産経新聞の元ソウル支局長が在宅起訴され(その後無罪判決)、長期にわたり出国禁止となったことなどがあった。
 それでも、28年版と29年版は「基本的価値」の代わりに「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と韓国を位置づけた。しかし、30年版では「利益を共有」はおろか、「重要な隣国」との表現さえなくなった。
 この年、外務省は外交青書の刊行に先立ち、ホームページ上の日韓関係に関する記述も同様に改めた。当時の韓国メディアは「文在寅政権が2015年末の韓日慰安婦合意を『誤った合意』と規定し、日本政府と摩擦が生じたことによる結果とみられる」(「中央日報」電子版)と分析した。
 30年版は韓国を「重要な隣国」から格下げしたが、それでもパートナーシップ宣言以来の「未来志向」の文言は削除せず「相互の信頼の下、日韓関係を未来志向の新時代へと発展させていく」と明記していた。関係改善への期待は残していたのだろう。
 だが、令和元年版は「未来志向」もろともこの表現を削除した。代わりに入ったのが「韓国側による否定的な動きが相次ぎ、日韓関係は非常に厳しい状況に直面した」と断じる表現だ。
 韓国政府の不作為
 いわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の判決▽韓国国会議員の竹島島根県隠岐の島町)への上陸▽慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を約束した27年の日韓合意の核である「和解・癒やし財団」の解散▽韓国海軍艦艇による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件…。すべてが「韓国側による否定的な動き」だ。
 韓国側が一方的につくり出した数々の問題が両国関係を悪化させたことは明らかだが、文政権が関係の改善に動こうとしないことが火に油を注いでいる。
 日本政府は、いわゆる徴用工判決で生じた日韓請求権協定の違反状態について、韓国側に是正措置をとるよう半年近くも求めているが、文政権は依然、対応策を示していない。日本側が協定に基づいて要請している二国間協議にも応じていない。
 韓国のいわゆる徴用工訴訟の原告側弁護士が、裁判所に日本企業の韓国内資産の売却命令を出すよう申請したが、日本政府はこの事態を招いたのは文政権の不作為と認識している。
 文氏は2日、識者らとの昼食会で、日本との関係について「極めて良い外交関係を発展させていくべきだと思う」と述べた(聯合ニュース)が、発言に行動が伴わない限り、来年の外交青書で韓国の位置づけが格上げされることはなさそうだ。
   ・   ・   ・   

258〕─1─日韓議員交流の開催に黄信号。韓国の議員に知日派はいない。~No.769No.770No.771      

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】 ・
 2019年5月12日 msnニュース 共同通信社「日韓議員交流の開催に黄信号 慰安婦巡る議長発言に衆院反発
 日韓の国会議員による交流「日韓議会未来対話」の年内開催に黄信号がともっている。天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で慰安婦問題が解決するとした文喜相韓国国会議長の発言に日本政府は抗議。国会でも文氏の言動に反発する議員は多く、開催時期の調整を打診してきた韓国側に対し、衆院は回答を保留している。関係者が12日明らかにした。
 未来対話は今年、日本で開催する順番。両国の国会関係者は「政府の関係とは切り離して議会交流は継続すべきだ」との立場から、事態打開を模索してきた。
 だが文氏が発言を撤回する可能性は低く、日本主催の対話でも言及しかねないとの懸念が日本側には根強い。 」
   ・   ・   ・   

257〕─1─韓国の上から目線での非礼な「新天皇陛下の即位」祝電。~No.766No.767No.768    

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】 ・
 韓国には、日本天皇に対する軽蔑・蔑視・差別の対象であって敬意は微塵もない。
   ・   ・   ・   
 2019年5月8日 産経新聞 iRONNA「韓国「上から目線」を許すのは誰か
 韓国の文在寅大統領が送った天皇陛下の即位に対する祝電は、異例の要請を含む「上から目線」なものだった。日本の「感情」を煽る外交は相変わらずで、対照的なのは過度な北朝鮮への肩入れだ。国際的に孤立を深めてもこうした姿勢を崩さない文氏だが、この「炎上外交」を許しているのは誰なのか。(写真は共同)
 天皇陛下に上から目線の祝電を送った文在寅の「炎上外交」
 『田中秀臣
 田中秀臣上武大学ビジネス情報学部教授)
 令和の時代を迎えた祝賀気分に水を差す国として、韓国が只今のところトップを走っている。多くの国が日本の新時代に祝福の言葉を贈る中で、文在寅ムン・ジェイン)大統領の祝電は、天皇陛下に対して「要請」を含めている点でも異例に思えた。
 産経新聞の報道では、「上皇さまと同じように戦争の痛みを記憶しながら、平和へとしっかりした歩みをつないでいかれること」という、どう見ても「上から目線」的なものだった。外交儀礼上の表現としての妥当性は好事家に任せるとして、日本国民の多くには、この祝電はかなり失礼なものに思えただろう。
 メディアによっては、韓国の「祝電」には「天皇」という表現があったことを挙げて、従来の韓国メディアが採用する「日王」ではないので、文政権に日韓関係改善の意思が見えるという解釈があるようだ。だが、もし本当にそうならば、「祝電」披露の瞬間に、日本国民の多くに傲慢(ごうまん)な姿勢と取られたことで、頓挫したといっていいのではないか。
 これは文大統領だけの話だけではない。文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長の「祝電」には、「どの口で言うか」と単純に驚かされた。「祝電」で、文議長は天皇陛下への訪韓を要請したからである。
 文議長が米メディアのインタビューで、慰安婦問題に関連して譲位前の上皇陛下に「謝罪」を要求し、日韓関係のさらなる悪化に貢献したことを知らない人はいない。天皇陛下訪韓で何を求めるのか、と文議長に詰問したい気持ちは誰しもあるだろう。
 「ダブル文」をはじめとして、このような「感情」を扇動する政治手法には毎度呆れてしまう。ただ、ダブル文による「感情」を揺さぶる外交手法は、両者がコラボしている可能性すら感じる。
 発足から間もなく2年を迎える文政権は、経済失政や北朝鮮に肩入れしすぎて国際的に孤立を深める「外交手腕」など、国内外で追い込まれているように思える。事実、支持率も韓国ギャラップによる4月の世論調査で過去最低を記録し、最新でも不支持率の方が上回っている。
 ただ、調査を分析すると、北朝鮮に肩入れしすぎる外交姿勢も、韓国国内では依然として人気が高い。また、日本への「感情」を揺さぶる手法も、国内的には手堅い支持を集めているようだ。
 前者は、最新の調査でかなり低下したとはいえ、45%の手堅い支持があった。また後者は、韓国国内の「日本嫌い」を反映して、人気の政治手法といえる。
 韓国国内の「日本嫌い」の一端は、人気アイドルグループ、TWICEの日本人メンバーであるサナが、インスタグラムで「平成生まれとして、平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れ様でした!!!」と投稿して、炎上したことからもわかる。日本人としての素直な感想だろうが、ほとんど揚げ足取りに近い批判から過去の日韓併合批判まで持ち出す誹謗(ひぼう)中傷の類いもあった。
 もちろん、日本の中でも「韓国嫌い」は根深く、「お互い様」の側面はあるだろう。ただ、韓国の国家的な慶事に関して、日本で活動する韓国の芸能人が会員制交流サイト(SNS)上で感想を述べたところで、多くの日本人は特に何とも思わないだろう。この炎上騒動一つ取っても、韓国の現政権による「日本は無限に謝罪すべき」とでもいうべき姿勢がもたらした側面もある。
 しかし、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は「嫌日を国内政治の人気取りに利用している」という見方に反論している。日本の韓国通といわれる研究者による、「日本を特に重視していないから、『韓国が日本を煽っている』と批判するのはあたらない」という見解と似ている。
 だが、重視していないから問題なのである。論点をずらすやり口は感心しない。
 ところで、文政権の北朝鮮に対する外交的肩入れは、韓国左派の半島統一を願う気持ちが強いためだと考えられる。その姿勢を、多くの韓国国民も支持しているのだろう。
 だが、そこには重大な落とし穴がある。肝心の北朝鮮側が、文政権に代表される韓国左派の思いを受け入れる余地がないのだ。この点は、郵便学者の内藤陽介氏が、月刊誌『WiLL』6月号での筆者との対談で、次のように明快に解説している。

 韓国の左派は、「朝鮮は一つであるべき」と考えていますが、北は「北朝鮮」という独立したアイデンティティを持っています。主張の強い両者が相容れることはない。
「切手で読む金王朝 北は統一を望んでいない」田中秀臣・内藤陽介

 実は、韓国も北朝鮮も、国家の「無言の意思」を切手発行という形で表現していることがある。韓国には文大統領と金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の首脳会談を記念した豪華な仕様の切手があるが、北朝鮮では、そのような豪華な切手は発行していない。
 両国の温度差は切手からも明らかである。南北だけではなく、韓国は日本や米国との外交関係も遠のきつつある。特に、日韓はいわゆる自称「元徴用工」問題を契機に、緊張が高まっている。
 筆者は、韓国最高裁の一連の判決や、また「元徴用工」原告側による裁判所への日本企業の資産売却申請などは、韓国政府の「元徴用工」側に対する補償政策の失敗が、そもそもの原因だと認識している。つまり、韓国国内の問題を、日本に付け替えているだけにすぎない。
 康外相は、この点も「介入はしない」と言明していて、自国の政策の失敗を認めようとはしていない。日本政府がたび重ねて協議を求めていることについては、「今後の検討材料にする」というあいまいな姿勢でお茶を濁している。
 だが、韓国政府のこのような態度は、日本政府にも責任がある。この連載でも繰り返し主張しているが、日韓の外交関係が長期的に安定するためには、相手がルール破り(日韓基本条約など)を犯したときには、「しっぺ返し戦略」を採用することが望ましいのである。
 交渉の相手側は、自分がルールを破れば、相手はその都度、しっぺ返しをしてくることを予測して、ルール破りの自粛を選ぶ。このような「ゲーム理論」の基本をベースにして、日本政府は韓国政府に対して、報復措置を行う必要がある。
 その手段としては、既に多くの識者が具体的に提言している。関税、金融取引の制限、ビザ(査証)発行の厳格化などが挙げられている。ところが、日本の安易なリベラル系の人たちに多いが、この措置が「韓国嫌い」の感情に基づいたものや、日韓関係を損ねるものと映るようだ。
 上述のように、「しっぺ返し戦略」は長期的な関係を破壊するのではなく、むしろ構築するためのものだ。しかも、対応としても合理的であり、好き嫌いのような感情とは無縁である。日本政府もいつまでも口で言うだけではなく、これらの対抗措置を実施すべきではないだろうか。

   ・   ・   ・   

256〕─1─韓国の常識の無い真面でない歴史認識。事実も真実も踏みにじる嘘八百。~No.763No.764No.765     

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】 ・
 韓国が主張する歴史を信じるのは、思考力停止状態で思慮分別のない幼児以下の人間だけである。

 そうした常識なき人間の中に、多数の日本人が含まれている。

   ・   ・   ・   

 韓国の本心は、日本との友好関係など望んではいない。

 韓国には、知日派など存在しない。
   ・   ・   ・   
 2019年5月7日 msnニュース FNN.jpプライムオンライン「韓国外相がブーメラン発言?歴史問題を政治利用する文在寅政権
 © FNN.jpプライムオンライン
 令和時代が始まり、こちら韓国では「日本で新しい時代が始まったのだから、日韓関係改善の契機にしなければいけない」との論考がメディアを賑わせている。いわゆる元徴用工を巡る訴訟で原告側が日本製鉄と不二越保有株式の売却手続きに入ったため、日本政府による対抗措置が現実味を帯びてきた事を受け、「対抗措置で日本も損害を受けるが、韓国の損害は致命的になりかねない」との危機意識が高まっているのだ。
 そんな矢先に、文大統領から日本を直接批判する発言が飛び出した。
 文大統領「日本は歴史問題を政治利用している」
 文大統領は5月2日、元閣僚らを招いた昼食会で、「最近は日本がそのような問題(歴史問題)をずっと国内政治に利用しながら問題を増幅させる傾向があるようで、とても残念です」と発言した。数々の日本批判をしてきた文大統領だが「歴史問題の政治利用」で日本を直接批判したのは初めてだ。同じ席上では「日本と良い外交関係を発展させなければならない。」とも発言しているが、日本とケンカしたいのか、仲良くしたいのか意図が分からない。
 保守系の大手紙「朝鮮日報」は、「文大統領は安倍首相を念頭に直撃弾を撃った」「関係改善の流れに水を差す」と批判し、「大統領が相手国の首脳を直接批判して、外交的に問題を解決できるのだろうか」という元大使の論評を掲載している。もっともな話だ。
しかし、そもそも、かなり大っぴらに歴史問題を国内政治に利用しているのは、他ならぬ韓国政府ではないか。
 歴史問題で野党を攻撃 「土着倭寇」という新語も登場
 文大統領は今年3月、日本統治時代に起きた3・1独立運動の100周年を記念する集会でこう発言した。
 「日帝は独立軍を‘匪賊(ひぞく )’、独立活動家を‘思想犯’だとして弾圧し、パルゲンイ(=赤い奴、共産主義者)という言葉も生まれました。今でも私たちの社会で政治的競争勢力を誹謗して攻撃する道具としてパルゲンイという言葉が使われている。我々が一日も早く清算しなければいけない代表的な親日残滓だ」
 現在の韓国政界は、文在寅政権が革新派、野党は保守派という構造だ。文大統領は一部の野党議員が与党を攻撃する時に使った「パルゲンイ」=「共産主義者」という言葉を、「日本統治時代に作られた言葉」と定義して、「日本によって生み出された言葉で与党を攻撃する事は親日行為だ」とのフレームを作った。歴史問題を利用して野党に「親日」というレッテルを張った大統領の発言に対しては、韓国メディアからも「現政権は「反逆者」「積弊清算(注1 )」を云々しながら敵と味方に分け、葛藤と対決を煽っている(中央日報)」との批判が出ている。
 その結果、与党に比べて「日韓関係を改善すべき」との意見が多い野党・自由韓国党の議員に対して「土着倭寇(わこう )」という新たな言葉まで生まれ、「親日派」として攻撃する流れが出来ている。土着倭寇とは、日本統治時代に日本に協力的だった人を指す「親日派」とほぼ同じ意味だが、「倭寇」という海賊を持ち出しているだけ、より侮蔑的な意味合いが強い。朝鮮日報は「政敵に土着倭寇なる奇怪なフレームを押し付けている。現政権になって反日原理主義の宗教のように暴走している。」と痛烈に批判している。
 韓国外相が投げ込んだブーメラン
 5月3日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が我々外信メディア向けに会見を行った。日本メディアの記者が、「日本が歴史問題を政治利用している」との文大統領の批判について「康外相も同じ立場なのか?日本は、韓国が国内政治に歴史問題を利用していると考えているが」と質問した際、康外相は「大統領の発言に対して何か言う立場では無い」と前置きした上で、「我が政府が国内的に歴史問題を利用していると見る事自体が、歴史問題を政治的に見ているという事ではないか」と発言した。
 記者の指摘に反論したつもりだろうが、よく考えると凄い発言だ。康外相の反論が正しいのなら、「日本が歴史問題を政治利用している」と最初に発言した文在寅大統領こそが「歴史問題を政治的に見ている」という事になってしまう。日本メディアへの反論のつもりが、皮肉にも巨大なブーメランになって文大統領に刺さっているのだ。
 政治利用によって遠のく日韓関係改善
 「土着倭寇」なる新語まで飛び出した韓国国内の風潮を受けて、朝鮮日報の東京特派員は「日本たたきの枠組みから外れた記事を書くことに負担がかかるのは事実だ。すべての報道機関で、日本の記事については他の記事よりも数倍「自己検閲」して報道するのが韓国的な状況だ」と書いた。実際、日韓関係を悪化させている問題を韓国メディアが客観的に報じるのは難しく、韓国世論が反日に誘導される結果となっているようだ。しかし、現在の日韓関係悪化のきっかけは明白に韓国側にある。
 いわゆる徴用工問題について「完全かつ最終的に解決された」と韓国政府が合意した「日韓請求権協定」、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決される事を確認」した日韓合意。この2つを、韓国側が一方的に反故にした事が現在の日韓関係悪化の根本的な原因だ。しかし、なぜか「右傾化する安倍政権」や「反省しない日本」が日韓関係悪化の原因だとする記事が韓国で多く書かれている。
 朝鮮日報東京支局長が言うところの「日本たたきの枠組み」とは、「日本は悪」という大前提の事であり、それに反する客観的な事実、具体的には関係悪化の原因や改善策などは、怖くて誰も書けないのではないか。その結果、韓国世論がより反日的になり、韓国政府が日本の報復を恐れて関係改善に踏み出そうとしても、「土着倭寇」批判などがブーメランとなって政権に返って来かねない状況になっている。
 日韓関係の改善に向けてはこうした韓国政界内の権力闘争を巡る構造的な障害もあり、問題が一層複雑化しているようだ。
 ※(注1)文在寅大統領が2017年の大統領選で掲げたキャッチフレーズ。長い間に積もり重なった過去の過ちを清算し、歴史の見直しをするというのが本来の意味だが、主に対立する保守派や親日派とされる人々を一掃する際に使われる。
 【執筆:FNNソウル支局長 渡邊康弘】
 【関連記事:「隣国は何をする人ぞ」すべての記事を読む】
   ・   ・   ・