☲21〕─2─朝鮮語学会事件と独立運動。日本の植民地における国語教育政策。~No.68No.69 ⑮  

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。  
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 日本陸軍は、大半の朝鮮人は余りにも軟弱過ぎるために日本軍兵士には不向きと判断し、志願してきた朝鮮人の体力測定を厳しくおこない極僅かな人数のみを皇軍兵士に採用した。
   ・   ・   ・   
 日本人にとって朝鮮人は反天皇反日派の隣人であり知人であっても、信頼し命を預けられる頼もしい親日派知日派の友人、友達、親友、戦友ではない。
 つまり、朝鮮人とはいつ何時、寝首を掻きに襲って来るか分からない油断も隙もない恐ろしい敵であった。
 それは、古代からの歴史が証明している。
 第32代崇峻天皇を暗殺したのは、神をも恐れない半島系渡来人であった。
   ・   ・   ・   
 2020年11号 WiLL「歴史無視の反日映画『マルモイ』
 どおうして、こうも反日映画が韓国から雲霞(うんか)のごとくせいさくされるのか
 田中秀雄
 またも反日韓国映画
 『マルモイ』という韓国映画がある。2019年制作の映画で、韓国ではかなりヒットしたようだ。日本では現在上映中である。『マル』は言葉、『モイ』は集めること、マルモイとは言葉集めという意味になる。
 時代背景は1940年くらいから1947年までで、日本統治時代だった朝鮮が描かれている。舞台は京城(今のソウル)。
 ……
 朝鮮語学会事件
 史実として、1942年に起きた朝鮮語学会事件を基にした映画である。しかし映画のような劇的な大捕り物はなかった。ただ朝鮮語の編纂事業が朝鮮独立を図ろうとしていると理解されたのは事実である。約30名が検挙されて、16名が不起訴、または起訴猶予となり、13名が裁判にかけられて、うち2名が獄死、残り11名が2年から6年の懲役刑となっている。
 判決文も編纂事業そのものは問題とされていない。その前提として独立に関する謀議があったか、なかったか、それに参加したか、しなかったが問題となったのである。
 この映画においても、朝鮮独立運動に関わっていたという設定の人物が語学会関係者として登場する。総督府が怪しい団体だと思うのも当然である。しかし当時の総督府の警務局長は丹下郁太郎という東京帝国大卒の官僚だが、事件を摘発した警察部長に『その事件はものになるのかね』と疑問形で問いかけたという。保安課長だった八木信雄の証言である。
 ……
 実は、取り調べたのは朝鮮人なのだ。言葉の問題もあり、尋問担当は朝鮮人刑事だったのだろう。
 映画が描くのとは違って、朝鮮総督府朝鮮語をなくそうとはしていない。朝鮮語編纂は、この事件以前からなされていた。李朝史が総督府の事業としてまとめられるのと同じである。
 独立運動の問題性
 この朝鮮語学会事件と同じ時期、1941年から翌年にかけて、似たような事件が日本国内や、満州国で起きている。すべて左翼運動者がらみの事件である。
 まず有名なゾルゲ=尾崎事件、これらは国内である。満州では満鉄調査部事件、北満合作社事件などがある。それぞれの事件の詳しい紹介はできないが、ゾルゲ事件ではゾルゲや尾崎は処刑され、横浜事件、合作社事件、満鉄調査部事件では獄死者が出ている。みろん皆日本人である。
 時期的に支那事変が拡大したまま収まらず、日米関係も怪しくなって、ついには戦争が始まるという緊迫した時代背景がある。二度とゾルゲ事件のような失敗は繰り返さない。警察や憲兵はスパイや利敵行為に神経質なくらいではなかっただろうか。隠れ共産主義者、あるいは偽装転向者による第五列(スパイ)の構築は決して許してはならないというのが、彼らなりの責任感であり、使命感であっただろう。
 獄死というのは痛ましい話ではあるが、大体は病気になって、、それが回復せずに死んだということの方が多いと思う。朝鮮の独立運動家として有名な安昌浩は1938年に京城で獄死しているが、痛めつけられたというのでなく肝硬変の悪化のためである。むろん病院で死んだ。
 日本の領土であった朝鮮の統治上の一番の問題点は、この独立運動をどう扱うかであった。独立運動民族主義である。その民族的な血の思いを無下(むげ)に抑えつけるわけにはいかない。
 しかし、3・1独立運動(1919年)から顕在化した独立運動の一番の問題点は、同時期にロシアで生まれた共産主義国家と、その思想の強い影響を受けていることであった。朝鮮古来の民族主義までは許せる。
 戦時中、日本の民族主義者・大川周明や葦津珍彦と朝鮮の民族主義者・呂運享が肝胆相照らしたように対話が可能なのだ。しかし、その背後に世界を赤化しようとする全体主義天皇制を否定する危険思想があるならば、独立運動は弾圧されざるを得ない。
 戦前、新聞記者をし、戦後になって左翼運動に従事していた高峻石(北朝鮮系ジャーナリスト)は、3・1独立運動後の独立運動民族主義よりマルキシズムが主体となっていたと証言する。前出の安昌浩はマルキシズムとは無縁だが、民族主義の衣をまとった共産主義者が蠢動(しゅんどう)は、朝鮮総督府にとって頭の痛い問題であった。疑いのある者はとりあえず、捕まえざるを得ないからだ。
 『創氏改名』問題
 ……
 呂運享も、京城第1期生の秀才であり、大韓民国憲法の起草者である兪鎮午も、そのままの名前を使い続けた。
 ……
 平等を目指した朝鮮教育令改正
 総督府朝鮮語をなくそうとしていないが、ただ学校教育で使う言語を『国語』にしようとしたのだった。国語とは、すなわち日本語の標準語のことである。
 きっかけは昭和13(1938)年の朝鮮教育令改正によるもので、『内鮮一体』を実現しようという機運の下に生まれた。日本人が通う小学校や中学校、そして、朝鮮人が通う普通学校が一緒になり、朝鮮人と日本人が共学する制度に変わったのである。教育における差別をなくそうとしたのである。学校で使う言葉は日本語である『国語』となる。それが可能になるためには朝鮮人生徒に日本語を使ってもらわねばならない。それまで普通学校で教えられていた朝鮮語は教えなくてもよい任意の科目となる。
 いわゆる『皇民化』であるが、これを朝鮮語廃止と声高に批判するのは実態に反している。朝鮮生まれで、教師となって創氏改名し、語学会事件の頃は内地に渡っていた吉野鎮雄によれば、朝鮮人校長の場合はほとんど朝鮮語の授業を行わず、日本人校長の場合は週2時間教えていたという。朝鮮人校長の場合は日本人へのおもねりも確かにあるが、吉野の回想では、親とのコミュニケーションができなくなったら困るじゃないかと危惧していた日本人校長の実名も出ている。小学校(後に国民学校)の校長数の割合は、日本人と朝鮮人ほぼ10対1、つまり、大体どこの小学校でも朝鮮語終戦まで教えていたのである。
 京城帝大ができてすぐ、1927年に助教授として赴任した時枝誠記という国語学者がいる。それから16年間、朝鮮で教鞭をとっている。国語学史上に名を遺(のこ)す著名な学者である。朝鮮語学会事件の時も朝鮮におり、『朝鮮における国語政策及び国語教育の将来』(1942年)という論文を書いている。
 彼は朝鮮の国語普及の現状を『或るものは、施政30年間のその成功について感嘆し、或るものは、国語を理解するものが猶(なお)半数に達しないことを慨嘆(がいたん)して、悲喜両面の声を聞く』と理解し、公平に見て、この現状は半島文化政策の一つの偉大な結実だと言えると冒頭に述べている。
 彼は『国語』と『日本語』を区別している。大日本帝国という、台湾、朝鮮といった広域の版図を持った国で必要なのは、どこでも通用する標準語であり、それが国語である。分かりやすく言えば、日本語は国語ではなく方言となるのだ。朝鮮語も方言の一つとなる。そうした方言の上に標準語としての国語がある。鹿児島弁と津軽弁とで話せば、当時は全く理解不能であったために、標準語が必要になるのと同じだ。
 これは国語政策、つまりは国語教育の問題である。時枝は朝鮮の場合、学校教育が第一歩で、中心となると述べた。同時に『その効果は20年30年の後に期し、気永に待つべきであり、一時的な宣伝や、警察力や、罰則によって一挙に功をあげよとするような軽挙は厳に慎まなければならない』と述べている。
 ゆっくり、じわじわと国語を普及するのを待つべきであるというのが彼の持論で、それは朝鮮語を方言的位置づけにするにしても、鹿児島弁や津軽弁と同等には位置づけられないことを理解しているからだろう。
 時枝はドイツのアルザス・ロレーヌ地方でのドイツ語政策、ポーランドに対するロシア語政策などに国語強制の問題点が見られると述べ、『可憐な児童はサーベルの音におびえつつ、心の中でひそかに母語を懐かしむばかりである』と批判している。このような言語が戦時中に自由であったことを私は誇りたいと思う。
 翌年の『国民文学』(1月号)に時江は論文を書いていて、『私の結論を率直に述べるならば、半島人は須(すべから)く朝鮮語を捨てて国語に帰一すべきである』と述べているが、『すぐに』と言っていないのが重要である。『国民文学』は朝鮮で発行されていた親日派朝鮮人の雑誌で、当時は朝鮮語抹殺論を唱(とな)える朝鮮の知識人も少なくなかったから、時枝は将来的な結論としてこう述べたのだろう。捨てると言っても方言がなくなることはない。
 光州事件──カゲの北朝鮮
 ……」
   ・   ・   ・   
 日本民族と日本国語は、明治新政府によって新しく作られ、江戸時代以前には存在しなかった。
 江戸時代までの日本には、北は津軽弁から南は鹿児島弁・奄美大島弁まで無数の方言が存在していた。
 その意味において、同じ縄文人の子孫である琉球語アイヌ語も特殊な方言に入る。
 新言語・日本国語は、支配言語というよりはバラバラだった言語を一つにまとめる共通言語であった。
 明治時代の日本人が学んだ日本国語は、外国語に近かった。
 近代教育とは、新言語・日本国語による地方にあった多様な方言の抹殺であった。
   ・   ・   ・   
 日本人には、言語・方言に対する愛着は薄い。
 日本人は「言霊」を信じている、はウソである。
 それは、単なる方便に過ぎない。
   ・   ・   ・   
 日本が、朝鮮、台湾、日本軍占領地で行った日本語教育は、地元民の固有言語を廃止して日本語に統一する事ではなく、日本語を公用語にする為であった。
 欧米列強の植民地支配では、旧約聖書バベルの塔を教訓として、地元住民が一致団結して独立運動を起こさない為に統一言語を許さず、絶対忠誠を誓う者のみに西洋語を教え植民地支配に協力させた。
 日本は、植民地支配・軍政を円滑する為に公用語を日本語とし、占領地の混乱を鎮めるには地域の意思疎通が重要として地元住民の為に統一言語を定め、学校では日本語と統一言語を教えた。
   ・   ・   ・   
 現代の東南アジア諸国で、外国語を公用語とせず、独自の民族言語を統一言語として標準語にしているのは日本軍の影響である。
   ・   ・   ・   
 もし、現代の世界が一つになる時、国際統一言語が標準語として普及すれば日本国語はローカルな民族言語=地域方言として消滅する。
 それが、人類の文明史である。
 現代日本に於ける英語教育の推進は、将来的にその方向に向かう。
   ・   ・   ・   
 東亜日報
 1957年、ハングルは生まれ変わった
 Posted October. 08, 2005 07:57,
 1945年9月8日、京城駅(現・ソウル駅)構内の朝鮮通運倉庫。貨物を見て回っていた駅長が、大きな箱の前で足を止めた。そして短い嘆声をあげた。
 「あっ、これだ。」
 少し前、国語辞典の原稿を探して自分を訪ねてきた、朝鮮語学会の人たちの焦すいした姿が頭に浮かんだ。駅長は急いで朝鮮語学会に連絡をとった。
 原稿用紙2万6500枚あまり。1929年から編纂作業が進められてきた「チョソンマル クンサジョン(朝鮮語大辞典)」の原稿だった。組版作業に入った1942年、「朝鮮語学会」事件が起き、証拠物という名目で日本の警察に押収された原稿、独立を経て行方不明となった原稿だった。どこにも見当たらず、学会のメンバーを憔すいさせたその原稿が、ついに朝鮮語学会の手に戻ってきた瞬間だった。
 2年後の1947年10月9日、「朝鮮語大辞典」1巻が発刊された。また、10年後の1957年、「大事典」(「朝鮮語大辞典」から「大辞典」に改称)全6巻が完刊された。初の、まともな韓国語辞典の誕生である。
 1907年、初めて国文研究所を設立し、韓国語辞典の必要性を論議し始めた時から、1957年「大辞典」が完刊されるまで、ちょうど50年。万が一、ソウル駅で原稿を探し出せなかったら、我々はさらにどれほど長い歳月、韓国語辞典を待たなければならなかっただろう。
 この本には、韓国語辞典編纂50年の歴史がそのままつづり込まれている。著者は圓光(ウォングァン)大国文科教授。日本占領期から独立以後まで、辞典編纂の至難な過程、韓国語を守り研究し辞典を作るのに生涯をささげた人びと、編纂過程でのさまざまな論争など、辞典編纂に関するすべてがドキュメンタリー形式で書かれている。韓国で初めて書かれた国語辞典編纂史ともいえる。
 著者は、「まともな韓国語辞典が出たことによって、ハングルが完全に生まれ変わった」と強調する。だから、本のタイトルも「韓国語の誕生」と決めた。
 実は、1957年以前にも、韓国語辞典はあった。しかし、すべて薄く小さな本で、韓国語をまともに集大成したものではなかった。著者は、「1957年に刊行された『大辞典』こそ、数多くの人々の努力が集大成され、民族的権威を認められた団体(朝鮮語学会、ハングル学会)によってつくられ、出版以後、他の辞典の模範となった点で、真の国語辞典」と言う。
 本書を読んでいると、辞典編纂の50年史は、わが国の言葉と文化を守り抜くための民族独立、民族自尊の歴史だったことが容易に理解できる。特に、辞典編纂に心身を尽くした人びとの話は感動的だ。
 日帝時代に、開城松都(ケソン・ソンド)高普の朝鮮語教師だった李常春(イ・サンチュン)。辞典の必要性を深く感じた彼は、1919年から、韓国語語彙を収集整理した。10年間集めた語彙はなんと9万余語。個人がこれほど多くの語彙を辞典用原稿に起こすのは至難のわざだ。そのため、彼は1929年、その原稿を朝鮮語辞典編纂委員会に快く寄贈した。彼の寄贈は、辞典編纂にとって決定的な力となった。当時、東亜(トンア)日報は「ハングル辞典に大きな礎」というタイトルで、この事実を大々的に報道した。1942年、朝鮮語学会事件で辞典編纂が中断されると、自ら命を絶って抵抗した申明均(シン・ミョンギュン)の生は、読者を粛然とさせる。
 韓国語研究の方向を定めた李鳳雲、池錫永、李能和(イ・ボンウン、チ・ソクヨン、イ・ヌンファ)、国語学の父・周時経(チュ・シギョン)など、私たちになじみの深い国語学者たちの話、国文研究所、光文(クァンムン)会、朝鮮語学会など韓国語研究団体の話も入っている。
 辞典編纂過程での各種エピソードも興味深い。1930年代の方言を集めるため、休みに故郷へ帰る学生ボランティアなどを活用したこと、表記法と綴字法についてし烈に行われた論争、これらの論争によって辞典編纂が遅れたこと、個人的に作った辞典原稿を手に入れるため編纂委員会メンバーが中国・上海などまで探しに行ったこと…。このようなエピソードは、ただおもしろいだけではない。一つ一つの逸話から、数多くの人々の流した血と汗がともに伝わってくる。
 kplee@donga.com
   ・   ・   ・   
 日本国語は、明治新政府が近代教育を普及させる為に作られた新しい言語である。
 西洋の専門用語は、子供でも理解できる様に和製漢字に変換され、好奇心の旺盛な子供達は和製漢字で世界の知識を理解し吸収していった。
 後年、外国語を話せないが日本国語だけでノーベル賞を受賞する日本人科学者が誕生した。
 日本の近代化の成功は、公用語を外国言語ではなく日本国語に定め、新設日本国語による基礎教育と専門教育の充実にあった。
 日本国語による語学力の低下は、日本民族日本人の知識・教養の劣化をもたらし、日本国の衰退となる。
 公用語を自国語ではなく外国語にした国は、例外なく近代化に失敗した。
   ・   ・   ・   
 朝鮮総督府が恐れていたのは、南方前線で玉砕やカミカゼ特攻を繰り返す絶望的な戦況下で、無差別爆撃を受けている日本の後背の朝鮮で昭和天皇や皇族を惨殺しようとしているキリスト教朝鮮人テロリストや日本人共産主義テロリストの暗躍であった。
 特に、ニコライ2世一家虐殺・ロマノフ王朝滅亡となったロシア式共産主義暴力革命を恐れていた。
   ・   ・   ・   
 日本民族日本人は、天皇や皇室を守る為に絶望的戦争を続け、玉砕・集団自殺カミカゼ特攻などで死体の山を作っていた。
 その象徴が、靖国神社である。
 日本国内には、ソ連共産主義勢力やアメリカ・連合軍に情報を流しているスパイが數多く暗躍し、中には昭和天皇の身近に、政府や軍部の中にも潜んでいた。
 反天皇反日本のスパイ達も、虚偽の大本営発表を聞き、連合軍の勝利情報を日本国内にまき散らしていた。
 軍国日本は、情報戦・謀略戦・宣伝戦ですでに敗北していた。
   ・   ・   ・   
 中華世界の王朝史は、前王朝を武力で滅ぼした新王朝が公式に編纂し正史として残す事が常識であった。
 つまり、清国の歴史官は、清国皇帝の命によって明王朝正史を編纂した。
   ・   ・   ・   
 日本人は、一等国民として兵役の義務があり、兵役拒否する事は犯罪として反逆罪として罰せられ、嫌でも赤紙一枚で地獄の戦場に送り出されて戦死・病死・餓死して生還は望めず、遺骨は帰国できず現地の山河に打ち捨てられた。
 戦場となった地域に住んでいた非戦闘員の日本人居留民(女性・子供も)は、全滅する日本軍兵士と運命を共にして集団自決し、若い女性は崖から飛び降りて死んでいった。
 朝鮮人は、二等国民として入隊は志願制で兵役の義務がなく、日本国籍から中国以外の諸外国に渡航すると日本国民の権利として保護が受けられた。
 日本人には、生きる為に戦って敵を殺すか、敵を殺すのを断って死ぬか、の何れしか選択肢がなく、戦わずに逃げる事は許されなかった。
 朝鮮人は、戦争に行かず逃げる事が認められ、その手段が戦時徴用工であった。
 戦時徴用工は、鉱山や工場などの過酷な労働条件でも賃金を貰い生きる権利が保障されていた。
 日本国内には、200万人以上の朝鮮人の若者が生活していた。
 死の選択肢しか許されていなかった日本人から見ると、若く有望な日本人が玉砕やカミカゼ特攻で死んでいくのに、同年代の朝鮮人が目の前で普通に生活している事が憎くて仕方がなかった。
 反日派・敵日派の朝鮮人達は、日本国内や朝鮮・中国・東南アジアで活動していた。
   ・   ・   ・   
 慰安婦は、朝鮮人より日本人の方が人数が多かった。
   ・   ・   ・   
 市民権を剥奪された強制収容所に閉じ込められた日系アメリカ人達は、アメリカ合衆国に忠誠を誓い軍隊に志願して入隊し、日系人だけの部隊を組織してヨーロッパの激戦地帯で多くの犠牲者を出しながら戦い、ユダヤ強制収容所の幾つかを解放しユダヤ人達を助けた。
 幾つかの強制収容所では、忠誠を拒否する日系アメリカ人による暴動が起きた、アメリカ政府は軍隊を派遣して武力鎮圧した。
 アメリカには根強い宗教的人種差別が存在し、日本人は「ジャップ」と差別用語で貶され、人ではなく「黄色い猿」あるいは「毒虫」と見なされ殺して同然とされた。
 アメリカの植民地であったフィリピンでは、多くのフィリピン人達はアメリカ軍に協力して日本軍と戦っていた。
 東南アジア地域でも、宗主国(イギリス・オランダ)の権益や白人植民地支配を守る為に、秩序を破壊する日本軍や独立派と戦う現地住民もいた。
   ・   ・   ・   
 日本と中国・朝鮮の関係は、古代から一寸も変わってはいない。
 親日派知日派は、古朝鮮百済、古新羅高句麗渤海
 反日派・敵日派は、統一新羅高句麗李氏朝鮮大韓帝国
 韓国は反日派で、北朝鮮は敵日派である。
 日は、中国で国交があったのは魏、宋、隋、唐の一時期であり、それ以外の王朝=中華帝国とは国交を開いてはいなかった。
 北九州の商人が、朝廷の許可なく密貿易を行っていた。
 日本と中国・朝鮮の間には、国と国との友好も善隣も存在していなかった。
 友好関係・善隣関係はウソである。
   ・   ・   ・   
 日本の平和と幸せと豊かさは、中国と朝鮮との公式な国交を開かず、日本から中国人や朝鮮人を排除したから得られていた。
   ・   ・   ・   
 歴史の事実として朝鮮・中国では、知日派親日派は極々少数で少数派の敵日派・反日派から差別や弾圧されていた。
 多数派の朝鮮・中国は日本無関心派で、敵日派・反日派の言説に踊らされ反日暴動を起こし日本人居留民を襲い虐殺と略奪を繰り返し、暴動が治まると日本人に対して関心がなくなる。
   ・   ・   ・   
 日本人にとって、中国人や朝鮮人はハッキリとした敵であり、共に生活する友人・友達ではないし、協力し助け合う親友でもないし、ましてや苦楽を共にして武器を取って戦ってくれる頼れる戦友せもなかった。
 ただそこにいる事は知っているだけの、知人であった。
 その証拠が、東日本大震災における中国共産党政府と韓国の薄情な日本対する態度であった。
 それを知りながら、親中国派・媚中派や親韓国派は日本国や日本人よりも両国に忖度し両国民の為に働いている。
   ・   ・   ・   

☳33〕─2─日本がなければ漢江の奇跡による韓国経済発展はなかった。徴用工問題。~No.115 ⑮ 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。  
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 現代日本人に歴史力はない。
   ・   ・   ・   
 日本国は世界で信頼され、日本人は世界で愛されている、はウソである。
   ・   ・   ・   
 朝鮮人は、日本人と共に戦ってくれる戦友ではなく、日本人と苦楽を共にしてくれる友人でもなく、気を許し油断するといつ何時寝首を掻きにくるか分からない恐ろしい相手であった。
 日本にとって朝鮮人・韓国人は、心を許しあえる友人でもないし、艱難辛苦を共に生きる親友ではなかった。
 つまり、幾ら話し合っても日本の道理・理が通じない相手であった。
   ・   ・   ・   
 中国人や朝鮮人は、日本から受けた恩に対して仇で返して恥じる事がなかった。
 恩を受けても恩を返す事をしなければ、感謝の言葉のひとつもない。
   ・   ・   ・   
 中国・韓国などアジアの産業革命や近代化の手本は、明治維新であった。
 さらに、中東の親日派イラン王国も国を発展させ国民を豊かにする為に日本の近代化・近代的天皇制度を真似た。
   ・   ・   ・   
 日本人は、中国大陸や朝鮮半島で悪い事をしたが、それ以上に良い事もしてきた。
 良い事をする日本人は2割、悪い事をする日本人は3割、空気圧・同調圧力に流される主体性なき日本人は5割。
   ・   ・   ・   
 安倍総理は、「(中国、韓国・北朝鮮に対する日本の)謝罪外交を次の世代に残さない」という首相談話を公表した。
   ・   ・   ・   
 日本は、韓国を必要としないし、韓国と通貨スワップを結ぶ必要もない。
   ・   ・   ・       
 中国、韓国・北朝鮮は、難癖を付けて強請り集(たか)り続ける常習犯である。
   ・   ・   ・   
 日本人の親韓国派・親北朝鮮派、親中国派・媚中派は、日本の国益よりも相手国の利益や日本人の体面よりも相手国民の面子を優先している。
   ・   ・   ・   
 2020年11月号 WiLL「安倍外交の勝利
 もう中・韓のゴリ押しは許さない 
 謝罪外交を後世に残さない──安倍外交は戦後外交の集大成
 高山正之武藤正敏
 戦後外交の集大成
 高山 安倍さんが病気で退陣を余儀なくされた。安倍政権時代の外交で日本人の韓国観はかなり変化したと思います。
 元韓国大使の武藤さんの目から見て、安倍外交はどう映っていましたか。
 武藤 『戦後外交の集大成』でした。具体的に言うと、日本は戦前の日本とは違う民主主義国家になったわけですが、安倍外交はおれを韓国に認めさせようとしてきたために、歴史問題にこだわる文政権と大きな引っかかりがあった、ということでしょう。
 高山 安倍さんは『戦後のレジームからの脱却』というスローガンのもとに、日本の歴史問題を解決するための努力をし続けてきた。謝罪外交を次の世代に残さないという首相談話も出しました。
 武藤 それともう1つ評価したいのは、韓国のごり押し外交に対して一歩も譲らなかった。そこは大きい成果だった。
 高山 確かに。いわゆる徴用工判決や、国際観艦式での旭日旗掲揚の自粛要請、レーダー照射問題、貿易管理上の優遇措置を受けられる『ホワイト国除外』に対して文句ばかり、GSOMIAは破棄を通告するなど、駄駄をこねまくった韓国に一歩も引こうとはしなかった。
 安倍外交で一番驚いたのは、2015年の慰安婦合意です。その前年には、朝日新聞吉田清治のウソに関する謝罪記事を掲載した。
 武藤 そもそも日本政府の姿勢としては、慰安婦問題は日韓請求権協定(1965年)で完全かつ最終的に解決済みという見解です。
 ところが、韓国は『交渉の過程で取り上げられていないから未解決だ』と難癖をつけてきた。それは筋違いですが、慰安婦が置かれた不遇な状況に鑑み、人道的な対応をしてきた。
 それが『女性のためのアジア平和国民基金』の設立(1995年)であり、そこで民間からの募金を受け、慰安婦に『償い金』という形で補償をした。これによって慰安婦問題は本来解決すべきだったのです。
 高山 村山富市内閣の時でした。
 武藤 ところが、挺対協(現在、正義連)が騒ぎ出し、日本が法的な責任を認めたものではないとして、慰安婦に金を受け取らせないように圧力をかけ続けた。問題が解決すれば、自分たちの存在意義が失われると恐れて、慰安婦をいいように利用したわけです。そのあげくの果てが内部分裂です。
 高山 朝日はその挺対協と協力して、植村隆記者が『「女子挺身隊」の名で戦場に連行された』というデマ記事を流したりした。
 武藤 そういう経緯があったうえでの安倍政権での日韓合意でした。
 高山 慰安婦問題は朝日新聞がつくった。韓国はそれを後追い利用しただけだった。本来は朝日をもっと追及して世界に謝罪行脚させて然るべきだった。
 ところが、安倍さんはあえて朝日新聞追及をやらなかったどころか、逆に韓国に慰安婦問題で首相がお詫び談話を出し、その上で、岸田文雄外務大臣(当時)と尹炳世外交長官(当時)が『完全かつ不可逆的な解決』を確認して慰安婦合意を発表した。しかも、10億円まで支払われることになった。
 ……
 ところが、文在寅政権が誕生するやいなや、すべてがひっくり返ってしまった。『15年の合意では慰安婦被害者問題の真の問題点を解決できない』と言い出し、10億円で設立した『和解・癒やし財団』も解散された。安倍政権が膝を折ってまで譲歩してやったのに、国と国との約束をこうも簡単に、しかも公然と反故(ほご)にしてしまった韓国という国に、逆に日本国民の大方がびっくりした。
 武藤 もはや、誰の目にも韓国のごり押しを相手にする必要はないと意識づけされた。
 高山 そういう意味で、安倍外交は、実に日本人の相手にしている国がどんな国なのか、韓国政府、および韓国人が一体どんな性状の持ち主なのか、その正体を日本人の肌感覚に伝わるように暴いてしまった。これは安倍外交の成果というべきでしょう。
 日本人は大方が忘れて許してしまっていたけど、慰安婦合意破棄は、かつての李承晩のことを思い出させた。李承晩は大統領になると日本にやってきて日本に過去の過ちを謝罪させ、ついでに賠償金を要求してきた。
 吉田が鼻であしらうと、それから『李承晩ライン』に引っかかる日本漁船を拿捕、3,000人以上を強制収容して、死傷者は44人にのぼった。韓国側は、日本がまったく賠償しないからやっているんだと。
 一方で、韓国から日本へ密入国が相次いでいた。日本側は李承晩に拿捕した日本人を釈放しろと言ったら、逆に李承晩は長崎県の大村収容所に収監されている不法入国の韓国人を釈放して永住権を与えろと言う。しかし、敗戦国日本に抵抗するすべもなく、李承晩の要求に全面的に応じざるを得なかった。そんな無体をやってきた国だ。
 地球儀を俯瞰する外交
 武藤 無体な要求はそればかりでなく、全斗煥政権のときも、40億ドルの経済援助を要求してきました。当時の中曽根内閣は日韓協力の重要性という観点から知恵を出しました。
 高山 韓国はいつだって滅茶苦茶でした。安倍外交は、そんな韓国の実態をうやむやにせず、はっきり国民に知らしめた。だから、ホワイト国外しのあとのパブリック・オピニオンは90%安倍の方針支持と出た。
 ロシアだってそう。北方領土を侵略する際、当時のソ連軍がいかにひどいことをしたのか、論文や書籍で紹介されている。
 ……
 捻(ね)じれた日韓関係
 高山 結局、日韓関係は振り出しに戻ります。いや、日韓関係はいつだって捻れてばかりではありませんか。
 1952年2月から日韓会談が始まりましたけど、日本は韓国と戦争もしていないのに賠償はあり得ないと突っぱねた。それに何も悪いことをしていないのだから、謝罪も懺悔(ざんげ)もづる気はない。交渉は難航した。53年10月、外交官の久保田貫一郎が交渉に当たり、韓国側に『お前たち、いい港をつくってやって、鉄道も整備し、山を緑にして水田もつくってやった。学校をつくり、教育水準を高めてやったじゃないか』と諭(さと)した。
 そしたら向こうが激怒して席を蹴った。日本側はそんな会談は必要ないから放っておいたから、向こうから盛んにアプローチする。でも、放っておく。それで10年経って、向こうは金が欲しい。もう賠償なんて言わない、謝罪もいらない、カネだけくれと朴正煕大統領が言ってきた。
 武藤 その裏には、ケネディの関与があげられます。米国はベトナム戦争が激化し、韓国の面倒が見切れなくなった。そこで日本と早く交渉し、賠償を受け、自国で独り立ちしろと積極的に働きかけたのです。
 高山 そうですか。そう言えば当時のライシャワー大使がそのお膳立てをしたと聞いています。米国は朝鮮戦争や当時くすぶっていたベトナム戦争再軍備した日本軍を使おうとしましたが、吉田は頑として聞かない。で、代わりに韓国軍を使うことにし、その代償として韓国が納得するカネを日本に払わせる算段をした。ライシャワーがそこまで日本説得に回ったと、ニューヨーク・タイムズのコラムにありました。
 そうやって日韓請求権協定が結ばれ、5億ドル(有償2億ドル、無償3億ドル)が支払われることになった。それと同時に、韓国の経済復興も始められたけれど、米国はまったく放ったらかし。仕方がなく日本の銀行がバックアップして動いた。
 武藤 さらに毎年何百億円もの経済協力を約束しています。
 高山 外務省北東アジア課が『主に対韓国経済協力』という文書を発表しています(平成30年3月付)。京釜高速道路建設事業や、浦項総合製鉄所建設事業、昭陽江ダム建設事業など、ありとあらゆるインフラ事業に日本がかかわっている。鉄道のセマウル号だって、日本製でしょう。
 武藤 ソウルの地下など主要インフラの多くや農業開発の資金も、すべてそうです。
 高山 〝漢江の奇跡〟は、日本の経済協力で成し遂げられたといっても過言ではない。それで国力がついて『俺たちは一人前だ』と言うけど、日本に対する感謝の言葉一つもない。
 武藤 日本からの経済協力は、韓国内でまったく報じられていません。POSCOの会長、朴泰俊は朴正煕大統領から『製鉄所が必要だから早くつくれ』と言われ、世銀やアジア開発銀行などを駆けずり回った、でも、どこにも相手にされなかった。
 最後の手段として八幡製鉄(現・日本製鉄)の稲山嘉寬さんのところに頼み込んだ。稲山さんは事情を聴き『過去の歴史を踏まえて、韓国の言うことは何でも聞こう』と快諾、協力したのです。こういった経緯について、多くの韓国人はまったく知らないのです。
 高山 今やいわゆる徴用工問題で、日本製鉄を訴えています。
 武藤 歴史的経緯を踏まえれば、日本に求めるくらいなら、POSCOが支払う筋です。日本製鉄は妥協してはダメですよ。
 高山 製鋼技術にしても、POSCOへ新日鉄住金から不正に流出したことがあった。起こった日本製鉄(当時は新日鉄住金)は、POSCOを訴えた。当然です。
 武藤 日本製鉄側が勝訴したからいいようなものの、韓国は本当に油断なりません。
 どこの国のメディアか
 高山 今度のいわゆる徴用工裁判は、その意趣返しじゃありませんか。加藤康子さんが設立した『産業遺産情報センター』(新宿区若松町)が、軍艦島の元島民の証言などを展示していることで注目を集めています。
 理由はユネスコで韓国が『朝鮮人がそこで差別や虐待を受けた』という事実無根の文言を入れないと承認しないと言い出し、政治的妥協で外務省がそれを呑んだ経緯がある。でも加藤康子さんは、政治的歪曲は排して事実だけを入れた。それで『史実に反する』と韓国や朝日、毎日が騒いでいる。彼らは『史実』と『政治的デマ』を混同している。
 この情報センターを設立するまで紆余曲折があった。加藤さんは日本の産業遺産を調べ上げ、『産業遺産』(日本経済新聞社)という一冊にまとめた。それを読んだ島津興行の島津公保さんのもとを訪ね、集成館世界遺産構想を提示したそうです。それを実現するためには、県の協力がいると、鹿児島県知事や、長崎県知事、山口県知事に出向き、交渉した。ところが、すべての知事が反対したのです。ジョン・ダワーの指摘のように、明治維新以降、日本は奇跡的なスピードで近代化を成し遂げた。その遺産を保全・保護することは当然の行為なのに、なぜか県知事たちは及び腰だった。
 武藤 不思議ですね。
 高山 加藤さんと島津さんはその後も苦労して交渉にあたり、最終的に鹿児島県知事の協力を得て、事が進んだ。知事の働きかけでユネスコでも認知され、最終的に世界遺産に認定されたわけだけれど、韓国人は世界遺産認定の動きを察知した途端、一斉に反対の声を上げ、ロビー活動を始めた。その速さたるや、驚くべきことです。
 武藤 韓国が反対したことに憤りを覚えます。漢江の奇跡は、明治維新というモデルがあったから成功したようなものです。
 アジアの産業革命の歴史の中で、明治維新産業革命は燦然(さんぜん)と輝く偉大な業績ですし、アジアの産業革命の原点です。本当であれば韓国にとっても重要なレガシィです。軍艦島朝鮮人労働者が奴隷のように扱われたと主張していますが、そんな事実はどこにも見当たりません。
 高山 平等に扱われ、朝鮮人用の女郎部屋もあったほどです。そういった歴史的事実を無視して、韓国はわあわあ騒ぎ出す。そのエネルギーがどこから涌き出てくるのか不思議なほどです。しかも、それに追従して、朝日や毎日は産業遺産情報センターの内容を批判的に取り上げた。どこの国のメディアなのか、理解に苦しむ。
 武藤 日本は正論を持って、堂々と主張すればいいだけです。
 日本から乳離れできない韓国
 高山 韓国の日本に対する距離感は首をひねりたくなるものばかり。たとえば、ソメイヨシノは韓国の起源だとか。
 武藤 唐辛子も韓国発祥だといいますが、実は日本から韓国へ輸入されたものです。
 高山 朝霞にある陸上自衛隊の広報センターに行ったときに驚かされた。各国武官が表敬訪問すると、それぞれ記念品を贈る。それを展示したコーナーの正面に日本刀が飾られていた。何で日本刀がここにあるのか聞いたら、実は韓国武官がそれを持ってきた。日本刀は『わが国のオリジナルだ』と主張したそうです。
 製鉄業も日本が手伝ってやっとできるような国が鑪(たたら)から刀をつくれるわけもないし、そんな歴史もない。軍艦島の嘘もそうだけど、日本人が必ず生理的に嫌悪を覚える嘘ばかり的確に作り出してくる。ときどき不思議に思う。
 武藤 常に日本のことなかり意識しているからです。どうやったら勝てるか、そこにこだわりを見せている。
 高山 もう放っておいてほしいですよ。
 武藤 韓国の意識としては、儒教文化的に『我々は日本の兄だ』という意識が強い。ところが、弟と思っていた日本に併合されてしまった。しかも、過去に一度も日本と戦って勝利を収めたことがない。この劣等意識が燻(くすぶ)り続けるため、韓国はいつまでも日本から〝乳離れ〟することができないのです。
 高山 実にはた迷惑な話ではありませんか。
 武藤 菅新政権の外交も、過去の日韓関係に戻ってはダメです。安倍さんのように信賞必罰、客観的事実に基づいて付き合う。譲歩したら、韓国はそれに付け込んでくるでしょう。
 高山 もう譲歩しないのではありませんか。安倍さんのお陰で、日本人の国民意識に韓国の実態が刷り込まれましたから。
 ……
 高山 最近の傾向として今まで日韓関係がこじれると、韓国から要人が来たり、日韓議員連盟の連中が出てきたりして、まあまあと宥(なだ)める。それで変に落としどころをつくってきてしました。
 武藤 中途半端な妥協はダメです。筋を通して、客観的な視点に立って、何が協力できるのか、そこを見いだしていくべきです。」
 時代錯誤的な外交を続けるな
 高山 文政権は、どう見ていますか。
 武藤 滅茶苦茶なことをやっています。
 ……
 高山 実に横暴な政権だ。
 武藤 でも、文政権より、さらにタチが悪いのが中国共産党政権です。米国を凌(しの)いで世界の覇権を握ろうという野心を隠さない。南シナ海に勝手に海軍基地をつくったり、一帯一路で世界中の港湾を横取りしている。」
   ・   ・   ・   
 当然のこととして、中国人や朝鮮人は難民として日本列島に逃げ込んできた。
 不思議と、貧しく苦しい生活を強いられていた日本人は、富み栄えていた中国大陸や朝鮮半島に豊かさと幸せを求めて移り住まなかった。
 つまり、日本人は中国や朝鮮を忌避し近寄ろうとはしなかった。
 事実、日本人は中国や朝鮮と深い付き合いをしなかったお陰で平和で、貧しくとも平穏無事の生活を送り、穏やかな一生を過ごして死んでいった。
 日本人にとっての幸せとは豊かさではなく穏やかさで、その穏やかな幸せの為に貧しさを受け入れていた。
 貧しい日本にとって、豊かな中国や朝鮮は必要ではなかった。
 それが、日本民族日本人であった。
   ・   ・   ・   
 崇峻天皇は、蘇我馬子の戯れ事を真に受けた朝鮮系渡来人によって暗殺された。
 蘇我氏は日本の神として神社に祀られ、多くの日本人の信仰を集めている。
 日本民族日本人であれば、神の裔であり祭祀王でり現人神である天皇を嫌ったとしても暗殺するような恐れ多い不敬な事はしない。
 渡来人である朝鮮人や中国人には、天皇に対する神聖不可侵という畏れはなく、自分の利益の為ならば何な罪の意識もなく天皇や皇族を惨殺する。
 故に、日本民族日本人は中国人や朝鮮人を嫌って、差別し、遠ざけた。
 日本に於ける朝鮮人差別はここにある。
 が、現代日本には、天皇・皇族の身の安全よりも韓国人・朝鮮人の保護を優先する日本人が増えてきている。
 その証拠が、反天皇反日的日本人達による、人道貢献を心掛けていた昭和天皇に対する天皇の戦争責任・天皇戦争犯罪の告発である。
 日本の悪しき病巣・腐敗患部は、深刻なほどに奥が深い。
 その証拠が、2019年に名古屋市で開催された愛知トリエンナーレ問題における反天皇映像を擁護するメディア報道である。
   ・   ・   ・   
 親日派知日派は、古朝鮮百済、古新羅高句麗渤海
 反日派・敵日派は、統一新羅、高麗、李氏朝鮮大韓帝国
 韓国は反日派で、北朝鮮は敵日派である。
 統一新羅以来の歴代王朝は、小判鮫のように、周辺諸国で一番強い大国に縋り付き、臣下の礼と朝貢貿易で大国からの大量の物資を下賜されて生きていた。
 「朝鮮は礼法の国」であったとは、そういう意味であった。
 中華帝国は、朝鮮人を嫌い、朝鮮を併合せず国境の外に放置した。
 中華文明圏では、ベトナムなどと違って朝鮮は食えない果実であった。
   ・   ・   ・   
 古代から、日本列島に朝鮮半島や中国大陸の敗残者や弱者が難民として逃げ込んできた。
 ヤマト王権大和朝廷は、彼らを受け入れ、忠誠を誓う者は帰化人とし領地や官位を授けて登用し、忠誠を誓わない者は渡来人として関東などの土地を与えた。
 その為に、関東から東北にかけて反ヤマト王権・反大和朝廷意識が根強く残り、度々、中央からの独立を求めて叛乱を起こしていた。
   ・   ・   ・   
 日本にとって、中国・朝鮮は古代から敵国であり、両国との間に友好・善隣などなかった。
 但し、中国や朝鮮の中にも極少人数ではあったが親日派知日派はいた。
 学識ある道教方士や優秀な仏教僧侶は、儒教勢力による宗教弾圧・思想迫害から逃れる為に、天皇が統治する日本へと海難の危険を冒して渡っていった。
 日本天皇・日本国・日本民族日本人は、逃げてきた彼らを温かく向かい入れて帰化人とし、賢い人間になる為に謙虚になって彼を師と仰ぎ教えを請うていた。
 日本に逃げてきた人々にとって、日本は蓬莱(ほうらい)島であり仏教国であった。
   ・   ・   ・   
 日本国と日本人は中国・韓国に対して、中国人や韓国人・朝鮮人が許してくれるまで、この先数十年でも数百年でも1000年先までも日本国が存在し日本人が生存する限り、反省の姿勢と謝罪の言葉と賠償金を払い続けなければならない、と言われている。
 つまり、中国も韓国・北朝鮮も、決して日本を許す事はない。
   ・   ・   ・   
 中国と韓国・北朝鮮が日本を許す時とは、日本との新たな戦争で勝利した時である。
 中国が日本を許せないのは、日清戦争で日本が勝利し、日中戦争で日本が中国を占領したからである。
 韓国・北朝鮮が日本を許せないのは、日本が日清戦争日露戦争に勝利して朝鮮を併合し、中国に比べて下等で野蛮で教養が微塵も感じられない日本の文化・言語・習慣・氏名を押し付けたからである。
   ・   ・   ・   

☳41〕─1─韓国軍のベトナム人虐殺に対する賠償請求。韓国政府、請求棄却求める。〜No.147No.148No.149  ⑰  

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 韓国は日本とは違う。
 韓国は、ベトナム戦争時の虐殺事件や女性強姦及び売春強要事件を認めないし、反省しないし、謝罪しないし、賠償もしない。
 韓国は、善隣友好と経済発展の未来志向で、過去の非人道的犯罪行為を歴史の闇に葬ろうとしている。
 韓国には、ベトナムに対して平和の罪と人道の罪が存在する。
   ・   ・   ・   
 2020年4月21日 産経新聞ベトナム虐殺で賠償請求 韓国政府に生存者の女性
 ベトナム戦争に派遣された韓国軍による民間人虐殺の際に生き残ったベトナム人女性、グエン・ティ・タンさん(59)が21日、加害責任があるとする韓国政府に約3千万ウォン(約260万円)の損害賠償を求め、ソウル中央地裁に提訴した。タンさんはインターネットを通じて記者会見し「全ての被害者の名誉回復を求める」と述べた。
 タンさんは1968年2月、7歳の時にベトナム中部クアンナム省の村で韓国軍の部隊から銃撃を受け負傷、1年近く入院した。村では母や姉を含め70人以上の命が奪われたとし、生き残ったタンさんの腹部には当時の傷痕が残っている。
 タンさんを支援する弁護団は、韓国政府が虐殺について明確に謝罪していないと指摘。文在寅大統領がベトナムとの「不幸な歴史」に遺憾の意を示したことはあったが、これでは被害救済が果たされないとし、法廷で虐殺の動機など全容を解明しながら韓国政府の責任を追及する方針だ。(共同)」
   ・   ・   ・   
 10月19日 産経新聞「韓国政府、請求棄却求める ベトナム虐殺の損害賠償で
 ソウル中央地裁(鴨川一也撮影)
 ベトナム戦争に派遣された韓国軍による民間人虐殺の際に生き残ったベトナム人女性、グエン・ティ・タンさん(60)が、韓国政府に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日までに、ソウル中央地裁で開かれた。韓国政府は虐殺の立証が不十分などとして請求棄却を求めた。
 タンさんの代理人弁護士は閉廷後、報道陣に「韓国政府は南ベトナム解放民族戦線が韓国軍に変装していた可能性なども主張するようだが、理解できない」と批判した。
 韓国政府は8日、ベトナムと結んだ「軍事実務覚書」にベトナム戦争による民間人の被害補償が盛り込まれているため、訴訟を通じた被害救済はできないとの答弁書を提出したが、弁論の直前に撤回した。理由は不明。
 タンさんは、インターネットを通じて弁護士の報告を受け「死んでしまった数多くの魂を救う機会にしてほしい。裁判長には公正な裁判をお願いしたい」と訴えた。(共同)」
   ・   ・   ・   

🗾目次〕─3─日本民族日本人の祖先。先史時代。遺伝子情報。縄文人・弥生人。邪馬台国。高天原神話。~No.1 * 

  ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
 日本人は、架空の時代劇は好きだが、事実や真実にもとづいた歴史が嫌いである。
 その傾向は、高学歴出身知的エリートに強い。
 「日本人は、歴史が好きである」は、ウソである。
 その証拠が、女系天皇擁立と女系宮家創設の賛成派である。
   ・   ・   ・   
日本民族日本人は性弱説。
2018-04-21
🗾2〕3〕4〕─1─日本民族日本人は、性善説ではなく、性悪説でもなく、性強説でもなく、気弱・軟弱・ひ弱な性弱説である。~ No.2No.3No.4No.5No.6No.7・ @ ① 
   ・   ・   ・   
死んだ日本の歴史。
2019-06-16
🗾5〕6〕7〕─1─現代日本の歴史は死んだ歴史である。〜No.8No.9No.10No.11No.12No.13・ ② 
   ・   ・   ・   
『強い歴史』と『弱い歴史』。
2019-12-10
🗾8〕9〕10〕─1─歴史には『強い歴史』と『弱い歴史』がある。クロマニョン人の平均寿命は15年であった。~No.14No.15No.16No.17No.18No.20・ ③ 
   ・   ・   ・   
境界の日本史。
2019-06-17
🗾11〕12〕13〕─1─境界の日本史。日本列島とは、地の果て、大地のへり、生と死の狭間。〜No.21No.22No.23No.24No.25No.26・ ④ 
   ・   ・   ・   
遺伝子情報。ゲノム解析。DNA研究。
2018-04-25
🗾14〕─1─遺伝子情報。最新ゲノム解析旧石器時代古朝鮮人は日本の縄文人の子孫であった。~No.27No.28No.29・ @ 
2019-08-12
🗾14〕─2─最新のDNA研究が明かす極東アジアの異種・日本民族日本人の科学的根拠。〜No.30No.31No.32・ 
2019-08-19
🗾14〕─3─核ゲノム解析。西北九州弥生人縄文人と弥生系渡来人との混血である。〜No.33・  
2020-10-11
🗾14〕─4─縄文人遺伝子の呪縛。世襲制男系皇室の正統性は縄文人Y染色体である。〜No.34No.35No.36 ⑤ 
   ・   ・   ・   
HTVL-1。母親の遺伝子。女系母系X染色体物語。
2018-11-14
🗾15〕─1─母親の遺伝子。子供の記憶・思考・知力は母親から受け継いだ能力。父親の遺伝子は蚊帳の外。~No.37No.38No.39・ @  
2019-09-08
🗾15〕─2─HTVL-1の母子感染者は九州・沖縄・台湾に多く、中国東部や韓国に少ない。〜No.40No.41No.42No.43・ ⑥ 
   ・   ・   ・   
オセアニア伝統航海術。
2018-04-24
🗾16〕─1─地球で生きるもう一つの道、「心のなかの島」オセアニア伝統航海術の知恵~No.44No.45No.46No.47No.48・ @ ⑦ 
   ・   ・   ・   
針文化。最古の釣り針。
2019-12-31
🗾17〕─1─約6万1000年前からの針文化。日本の針供養。~No.49No.50No.51・ 
2019-12-30
🗾17〕─2─沖縄で2万3千年前の世界最古の釣り針が出土した。~No.52No.53No.54No.55・ ⑧ 
   ・   ・   ・   
縄文時代
2018-04-29
🗾18〕─1─縄文文化は、世界の古代文明に匹敵する日本固有の優れた平和で安定した古代文化であった。~No.56No.57・ @ 
2020-07-15
🗾19〕─1─縄文時代のムラは墓を中心にして環状集落であった。~No.58No.59 
2018-04-28
🗾20〕21〕─1─1万年間。縄文時代の食生活は豊かで、縄文人は栄養豊かで長生きしていた。~No.60No.61No.62No.63・ @ 
2018-04-27
🗾22〕─1─縄文人は、日本列島から朝鮮半島南部に移住して日本独自の土器や石器を持ち込んだ。水田稲作。日本産天然のアスファルト。6000年前。~No.64No.65No.66・ @ 
2018-06-22
🗾22〕─2─海を渡った縄文の特産品・加工品。天然アスファルト琥珀翡翠。黒曜石。~No.67・ 
2020-05-18
🗾22〕─3─山梨県は縄文王国。縄文人は全国で黒曜石などによるバーター交易を行っていた。~No.68No.69 
2018-10-19
🗾23〕─1─縄文土器土偶は、世界美術史における驚愕すべき美術品・工芸品である。~No.70No.71・ @  
2020-07-16
🗾24〕25〕─1─縄文・弥生時代の石器・土器・土偶には、多様で豊かな地域性がある。~No.72No.73No.74No.75  ⑨ 
   ・   ・   ・   
古代アメリカ大陸に渡った縄文人
2020-01-01
🗾26〕─1─1万6000年前、縄文人は舟で古代アメリカ大陸に渡った?~No.76No.77No.78No.79・ ⑩ 
   ・   ・   ・   
古代文明の道。
2020-01-14
🗾27〕─1─アイアンロード。鉄器の古代文明の道。トルコ・ヒッタイト人から倭国弥生人まで。~No.80No.81・ 
2020-02-26
🗾28〕29〕─1─弥生人と文字。硯。~No.82No.83No.84No.85 ⑪ 
   ・   ・   ・   
中央アジア帰化人。  
2019-11-26
🗾30〕31〕32〕─1─中央アジア帰化人。カザフ人。~No.86No.87No.88No.89No.90No.91・ ⑫ 
   ・   ・   ・   
科学的男系父系Y染色体神話。
2020-01-02
🗾33〕─1─人類は男系父系Y染色体集団で世界へ移動して行った。〜No.92No.93No.94・ 
2019-08-18
🗾33〕─2─日本の文化や芸術を洗練し面白くした粋な道楽人は縄文人Y染色体)であった。〜No.95No.96No.97・ 
2019-08-16
🗾33〕─3─縄文人こそ日本列島・琉球蝦夷北方領土の先住民。〜No.98No.99No.100No.101・ ⑬ 
   ・   ・   ・   
船乗りの縄文人黒潮文化。対馬暖流文化。環日本海文化圏。
2018-04-23
🗾34〕35〕─1─日本民族日本人は、南方系海洋民、揚子江流域民、北方系山野民、西方系草原民が乱婚にて生まれた混血の雑種。~No.102No.103No.104No.105・ @ 
2019-10-10
🗾36〕37〕─1─素潜りの南方系海人。鵜飼と稲作の倭人。太平洋沿岸の根明な黒潮文化。日本海沿岸の根暗な対馬暖流文化。~No.106No.107No.108No.109・ * 
2019-11-23
🗾38〕─1─日本の伝統的祭りは、船乗りの縄文人が行った母性的自然神祭祀が起源となっている。〜No.110No.111・ *  
2020-05-19
🗾39〕40〕─1─環日本海文化圏の要は縄文時代の日本列島であった。〜No.112No.113No.114No.115 ⑭ 
   ・   ・   ・   
モンゴロイド
2018-05-02
🗾41〕─1─弥生時代弥生人は、縄文人の古モンゴロイドと渡来人の新モンゴロイドが雑婚した混血雑種民族・倭人である。3000年前。~No.116No.117No.118・ @ 
2018-07-20
🗾41〕─2─海原モンゴロイドと極寒モンゴロイドと草原モンゴロイドが日本列島で雑居し乱婚して混血児・島嶼モンゴロイドを生んだ。原始糸の道。100万年前。~No.119No.120No.121・ @ ⑮ 
   ・   ・   ・   
国連人種差別撤廃委員会は反天皇反日として日本人を3つの民族に分裂させようとしている。
縄文系アイヌ民族アイヌ人。
2018-07-12
🗾42〕─1─縄文系アイヌ人は、オホーツク海海域で独自の文化・経済圏を形成していた。~No.122・  
2020-09-13
🗾42〕─2─北海道の縄文遺跡。国連教育科学文化機関(ユネスコ)。~No.123No.124No.125 ⑯ 
縄文系琉球民族琉球人。
2020-01-28
🗾43〕─1─3万年前 日本人の祖先は丸木舟で台湾から沖縄に渡った。〜No.126No.127No.128No.129・ * ⑰ 
   ・   ・   ・   
弥生時代
2018-05-03
🗾43〕─1─弥生時代の集落遺跡。鳥取・青谷上寺地遺跡。島根・白枝荒神遺跡。日本人の下戸遺伝子。弥生時代の人骨“渡来系”。~No.130No.131・ @ 
2020-03-29
🗾44〕─1─酒に弱い日本民族日本人。水田稲作の分布と下戸遺伝子の分布がほぼ一致する。~No.132No.133  
2018-05-04
🗾45〕46〕─1─縄文人弥生人が雑婚を繰り返して混血児・倭人が生まれた。ヤマト大王が日本天皇となる。白馬節会と安寧信仰。~ No.134No.135No.136No.137・ @  
   ・   ・   ・   
弥生時代の鉄器。
2020-02-12
🗾47〕─1─弥生時代の特産品。日本国内は朝鮮半島から輸入された鉄を求めて交易が活発となる。~No.138No.139 ⑱ 
   ・   ・   ・   
稲作文化圏。水田稲作
2018-06-08
🗾48〕─1─日本人の稲作文化圏と中国人・韓国人の麦作文化圏との性格の違い。~No.140No.141No.142・ 
2018-05-11
🗾48〕─2─水田稲作揚子江河口流域から日本へ直接温帯ジャポニカをもたらした人々。軟水と日本米。硬水と紅茶。~No.143No.144No.145・ @ ⑲ 
   ・   ・   ・   
女の国、母系社会。
2019-09-09
🗾49〕─1─日本民族のルーツの一つ。少数民族による女の国、母系社会。〜No.146No.147No.148・ ⑳ 
   ・   ・   ・   
邪馬台国
2018-05-06
🗾50〕─1─地球規模の寒冷と倭国の乱。邪馬台国卑弥呼の自害。~No.149No.150No.151・ @ 
2018-05-08
🗾50〕─2─邪馬台国。弥生の大乱。『韓伝』『倭人伝』『魏志倭人伝』。狗奴国。向遺跡。第四代新羅国王は倭人だった。146年~No.152No.153No.154・ @ ㉑ 
   ・   ・   ・   
宗教的男系父系Y染色体神話。
神代。高天原神話。天孫降臨神話。
2019-06-23
🗾51〕─1─高天原天照大神ら神々が農耕生活をする労働の国である。〜 No.155No.156No.157・ 
2018-05-10
🗾51〕─2─大国主命少彦名神。国譲り神話。ニニギノミコトと天壌無窮の神勅。天孫降臨神話。弥生式畑作社会と松。~No.158No.159No.160・ @ 
2018-05-13
🗾51〕─3─国産み神話。天照大神高天原スサノオと八岐大蛇。出雲神・大物主神を祀る三輪山信仰。大八洲豊葦原の瑞穂の国と稲神話。三種の神器。~No.161No.162No.163・ @ ㉒ 
   ・   ・   ・   
日本神道の太陽崇拝。
2018-05-14
🗾52〕53〕54〕─1─南方系海洋民の魚河岸文化と日本神道の太陽崇拝。祭祀王・日本天皇。~No.164No.165No.166No.167No.168No.169・ @ ㉓ 
   ・   ・   ・   
2020-05-17
🗾55〕─1─人類最古の文化。100万年前の朝鮮半島古代史。~No.170No.171No.172No.173No.174No.175 ㉔ 
   ・   ・   ・   
弥生日本の祭祀。
2020-06-19
🗾56〕─1─銅鐸は弥生日本の祭祀。~No.176No.177No.178No.179No.180No.181 ㉕ 
   ・   ・   ・    
出雲神話。 ㉖ 
   ・   ・   ・   
吉備神話。 ㉗
   ・   ・   ・   

㉘㉙㉚
***********
♡♢♤♧♠♥♦♣♔♕♗♘♖♙♚♛♜♝♞♟❂❃❆❇❖☸ ⛲ 
🏊🔮🏝⛵🌏🌤🌦🌩🌥🌪🌧⛼🌨
***********

🗻目次〕─4─古墳時代・ヤマト王権~豊臣秀吉の唐入り。~No.1 * 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。  
   ・   ・   ・   
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
 世界観と善悪の判断基準は、中国・朝鮮と日本に全く違う。
 中国・朝鮮と日本の間には越えられない壁がある。
 中国・朝鮮の中華儒教と日本の論語儒教は交わる事がない異質なものである。
 日本と中国・朝鮮は理解できない異なる存在である。
   ・   ・   ・   
 日本天皇と日本国と日本民族日本人は一心同体である。
 日本天皇が廃絶されると日本国と日本民族日本人も死滅する。
   ・   ・   ・   
 日本は、加害者ではなく被害者であった。
 中国と朝鮮は、被害者ではなく加害者である。
   ・   ・   ・   
 平安時代初期。日本国内で新羅系渡来人の反乱や暴動が続発していた。
   ・   ・   ・   
 朝鮮の反日派諸王朝による日本侵略が絶えなかった。
 反日派敵日派、統一新羅、高麗、朝鮮、大韓帝国
 親日派知日派古朝鮮百済、古新羅高句麗渤海
 加羅任那)は、縄文時代から倭族が多く住み、ヤマト王権の支配地であった。
   ・   ・   ・   
2020-10-09
🗻2〕─1─やまとの国は、山間の狭い平地で個々人が程良い距離感を取り大いなる和を保っていた。~No.2No.3 
   ・   ・   ・   
古墳時代
2018-05-05
🗻3〕4〕─1─西日本に残る南方系海洋民の足跡。オルドス式銅剣。古墳時代(4世紀末~6世紀)。~No.4No.5No.6No.7・ @ 
2018-05-09
🗻5〕─1─百舌鳥古墳(仁徳天皇陵)と古市古墳は日本のモノ作りの原点。〜No.8No.9No.10・ 
2019-06-13
🗻5〕─2─百舌鳥・古市古墳群世界遺産決定。世界遺産委は1600年の歴史性を称賛した。〜No.11No.12No.13No.14・ ① 
   ・   ・   ・   
ヤマト建国。初代神武天皇
2018-05-16
🗻6〕─1─新生・古代史の黎明。初代神武天皇のヤマト建国=日本建国。天皇家の母系祖先は南方系海神(わだつみ)。~No.15No.16No.17・ @ 
2018-05-18
🗻6〕─2─伊勢神宮万世一系天皇心神話。神武東征。神武天皇『即位建都の詔』。建国理念「八紘一宇」は日本限定。纏向遺跡箸墓古墳。~No.18No.19No.20・ @ 
2018-11-04
🗻6〕─3─天皇の地位の正統性は、建国神話における初代神武天皇の即位であった。~No.21No.22No.23No.24・ @ ② 
   ・   ・   ・   
中華文明。黄河文明。劉氏漢帝国を。曹氏魏王国。司馬氏晋王国。
2019-10-03
🗻7〕8〕─1─『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』〜No.25No.26No.27No.28・ 
2018-05-21
🗻9〕10〕─1─中華文明の発祥はモンゴル高原であった。古朝鮮縄文人。~No.29No.30No.31No.32・ @ 
2018-11-11
🗻11〕12〕─1─春秋戦国時代。中華の城郭都市は農民を犠牲にし農村から搾取する強欲な商業都市である。~No.33No.34No.35No.36・ @ 
2018-05-22
🗻13〕14〕─1─前漢朝鮮半島を武力統一して領土とした。中国に仏教伝来。三国志と人口激減。五胡十六国。異民族の侵略で惨めに支配される漢族。~No.37No.38No.39No.40・ @ 
2018-05-23
🗻15〕16〕─1─儒教の毒。中華儒教による中華思想漢の武帝時代に確立された。中国の侵略戦争武帝が始めた。~No.41No.42No.43No.44・ @ 
2018-05-24
🗻17〕18〕─1─大量の流入した周辺異民族の移民・難民は、劉氏漢帝国を滅ぼし曹氏魏王国と司馬氏晋王国を建国した。.~No.45No.46No.47No.48・ @  
2020-03-01
🗻19〕─1─中国の伝統戦略とは、最初に買収で、次に軍事力で、最後に虐殺であった。~No.49No.50  
2020-04-10
🗻20〕21〕─1─中国語・漢字は見て理解する表意文字である。〜No.51No.52No.53No.54 ③ 
   ・   ・   ・   
日本は三神山の一つ瀛洲。
2019-08-11
🗻22〕─1─日本は仙人が住む不老不死の仙薬がある三神山の一つ瀛洲(えいしゅう)であった。〜No.55No.56・ ④ 
   ・   ・   ・   
徐福伝説。
2018-05-31
🗻23〕24〕─1─倭国ヤマト王権・日本は戦争難民を無制限に無条件で受け容れていた。徐福伝説。~No.57No.58No.59No.60・ @ 
2018-06-04
🗻25〕26〕27〕─1─徐福伝説。帰化人と渡来人は、ヤマト大王・日本天皇をめぐって対立していた。~No.61No.62No.63No.64No.65No.66・ @ ⑤ 
   ・   ・   ・   
古朝鮮百済新羅高句麗加羅任那)。
2019-01-21
🗻28〕29〕─1─日本と朝鮮の歴史観や価値観は違う。謝る日本。謝らずキレる朝鮮・韓国。~No.67No.68No.69No.70・ @ 
2018-05-25
🗻30〕31〕─1─古朝鮮百済新羅は、高句麗に備えて倭国に人質を送った。倭人が住む加羅任那)。312年〜No.71No.72No.73No,74・ @ 
2018-06-11
🗻32〕33〕34〕─1─倭人任那諸国。親日派百済高句麗、古新羅反日派の統一新羅。~No.75No.76No.77No.78No.79No.80・ @ ⑥ 
   ・   ・   ・   
ナラ豪族連合。
2018-05-26
🗻35〕36〕37〕─1─ヤマト王権はナラ豪族連合である。第10代から第16代仁徳天皇までの天皇日本武尊神功皇后応神天皇。~No.81No.82No.83No.84No.85No.86・ @ ⑦ 
  ・   ・   ・   
倭の五王。広開土王。武寧王。第25代武烈天皇
2018-05-27
🗻38〕39〕40〕─1─倭の五王。広開土王。日本生まれの武寧王南宋は、倭王武朝鮮半島南部の統治を認めた。400年~No.87No.88No.89No.90No.91No.92・ @ 
2018-12-28
🗻41〕42〕43〕─1─日本生まれの百済王子・武寧王は、武烈天皇の軍事支援で百済王国に帰国して、百済王に即位した。502年No.93No.94No.95No.96No.97No.98・ ⑧ 
  ・   ・   ・   
第32代崇峻天皇
2018-05-29
🗻44〕─1─磐井の乱任那滅亡。崇峻天皇暗殺。百済の賄賂事件と仏教・ヨガの日本伝来。507年〜No.99No.100No.101・ @ ⑨ 
   ・   ・   ・   
第29代欽明天皇
2019-05-26
🗻45〕─1─欽明天皇。日本人は、越国で難破した高麗使節船の乗組員を助けた。573年。〜No.102No.103No.104・ ⑩ 
   ・   ・   ・   
中国仏教は革命宗教。   
2018-05-30
🗻46〕47〕48〕─1─中国仏教は、異民族が漢族の儒教中華帝国を征服し漢族を支配する為の革命宗教・革命思想であった。仏教の日本伝来。~No.105No.106No.107No.108No.109No.110・ @ ⑪ 
   ・   ・   ・   
聖徳太子
2018-06-05
🗻49〕─1─聖徳太子は、仏教を導入する為に使節を隋の煬帝に送った。隋王朝は、高句麗などの周辺諸国を侵略していた。隋の滅亡。592年〜No.111No.112No.113・ @ 
2019-10-11
🗻49〕─2─聖徳太子は、神道価値観に仏教の行動的規範と儒教の道徳的慣習を加えた。法華経。~No.114No.115No.116・ ⑫ 
   ・   ・   ・   
飛鳥。第33代推古女帝。
2018-06-07
🗻50〕─1─男系女性が天皇に即位して統治する国・日本は、世界の非常識である。第33代推古天皇。~No.117No.118No.120・ @ 
2018-06-09
🗻51〕─1─唐僧・玄奘唐王朝の侵略に対する倭国百済新羅高句麗自衛戦争。万葉仮名。624年 ~No.121No.122No.123・ @ ⑬ 
   ・   ・   ・  
斑鳩。第35代皇極女帝。大化改新
2018-06-10
🗻52〕─1─百済を滅ぼした唐・新羅連合軍。大化改新百済を助ける日本。白村江の戦い親日派百済の滅亡。645年~No.124No.125No.126・ @ 
2018-11-30
🗻53〕54〕─1─日本における「愛国」の始まりは奈良時代であった。『日本国紀』。~No.127No.128No.129No.130・ @ ⑭ 
   ・   ・   ・   
中国の領土拡大戦争と仏教。
2018-06-12
🗻55〕56〕─1─唐(中国)は強国吐蕃チベット)を弱体化させる為に仏教を伝えた。~No.131No.132No.133No.134・ @ ⑮ 
   ・   ・   ・   
大津。第38代天智天皇。第40代天武天皇藤原鎌足
2018-06-14
🗻57〕58〕─1─天智天皇天武天皇壬申の乱親日派高句麗の滅亡。667年~No.135No.136No.137No.138・ @ 
2018-06-15
🗻59〕60〕61〕─1─古代史15の新説。日本天皇をめぐる、古代豪族・蘇我氏と新興豪族・藤原氏。兄天皇から弟皇太子への譲位表明と壬申の乱。~No.139No.140No.141No.142No.143No.144・ @ ⑯ 
   ・   ・   ・   
第41代持統女帝。 
2018-06-16
🗻62〕─1─持統天皇日本書紀古事記渤海国の建国。則天武后と革命宗教・仏教。687年~No.145No.146No.147・ @ ⑰ 
   ・   ・   ・  
万葉集
2018-06-17
🗻63〕─1─帰化系日本人・山上億良。『万葉集』巻五(八九四)好去好来(かうきよかうらい)の歌。~No.148No.149No.150・ @ 
2018-06-20
🗻63〕─2─大伴家持萬葉集』。「君が代」と大君の思想。保田與重郎小川榮太郎。~No.151No.152No.153・ @ ⑱ 
   ・   ・   ・   
第45代聖武天皇
2018-06-18
🗻64〕─1─聖武天皇は、日本を仏教国家にする為の宗教改革を行った。行基東大寺の大仏。神仏混合の始まり。723年~No.154No.155No.156・ @ 
2018-07-16
🗻64〕─2─天平9(737)年の疱瘡(天然痘)大流行(パンデミック)。死屍累々の死の島国日本。~No.157No.158No.159・ @ 
2018-07-17
🗻64〕─3─天平時代。平城京の窃盗事件。盗まれた品物は自己責任として自分で探した。~No.160No.161No.162No.163・ @ ⑲ 
   ・   ・   ・   
第46代孝謙女帝=第48代称徳女帝
2018-06-19
🗻65〕─1─称徳女帝は、体制改革の為に放伐禅譲の天命思想を取り入れて、恋人である臣下の弓削道鏡天皇に即位させようとした。751年~No.164No.165No.166・ @ ⑳ 
   ・   ・   ・   
半島系渡来人と関東。
2018-10-18
🗻66〕─1─新羅と奈良仏教。半島系渡来人のドス黒い怨念・憎悪が東日本、関東に渦巻いていた。~No.167No.168No.169・ @ ㉑ 
   ・   ・   ・   
第50代桓武天皇
2018-06-21
🗻67〕─1─桓武天皇蝦夷独立戦争坂上田村麻呂アテルイ空海最澄玄宗皇帝。平安京遷都。密入国していた新羅人難民達。770年~No.170No.171No.172No.173・ @ 
2019-10-12
🗻67〕─2─王土王民思想は、独立国家の統治理論であり国防思想である。〜No.174No.175No.176No.177・ 
2018-06-23
🗻67〕─3─新羅の日本侵略。関東での弘仁新羅の乱。古代新羅と統一新羅高野山金剛峯寺比叡山延暦寺。806年~No.178No.179No.180No.181・ @ ㉒ 
   ・   ・   ・   
空海最澄
2019-06-27
🗻68〕69〕70〕─1─空海は仏教の力で日本の儒教化を阻止し宗教改革と庶民文化運動を始めた。〜No.182No.183No.184No.185No.186No.187・ * ㉓ 
   ・   ・   ・  
平安時代。貴族文化。
2018-06-24
🗻71〕72〕─1─貞観の入寇。渡来人や反天皇派日本人の反乱。日本の女流作家と身分卑しい庶民の和歌。元慶関東地震。824年~No.188No.189No.190No.191・ @ 
2018-06-26
🗻73〕74〕─1─統一新羅の日本侵略と虐殺・略奪・強制連行。日本は加害者ではなく被害者であった。~No.192No.193No.194No.195・ @ 
2018-06-28
🗻75〕76〕─1─菅原道真遣唐使廃止。寛平の韓寇。高麗建国。平将門契丹族の高麗侵略。渤海国滅亡。亀州大捷。894年~No.196No.197No.198No.199・ @ 
2018-06-29
🗻77〕78〕─1─女系で出世した藤原道長刀伊の入寇天皇に反逆する日本人達。1015年~No.200No.201No.202No.203・ @ 
2019-01-09
🗻79〕80〕─1─刀伊の入寇。古代から日本民族は被害者である。国防の為に九州武士団が誕生した。1019年~No.204No.205No.206No207・ @ 
2018-07-01
🗻81〕82〕─1─平安時代は魔界の時代で、都大路には無数の死体が転がる地獄であった。安倍晴明。~No.208No.209No.210No.211・ @ 
2018-07-02
🗻83〕84〕─1─日本武士は死の穢れに満ちた卑しい芸能者で、最初の仕事は用心棒・護衛・警護であった。~No.212No.213No.214No.215・ @ 
2018-07-04
🗻85〕86〕87〕─1─白河天皇鳥羽天皇後白河天皇平清盛安徳天皇法然親鸞。高麗と『三国史記』。岳飛と秦檜。1052年~No.216No.217No.218No.219・ @ ㉔ 
   ・   ・   ・   
漢族系宋(北宋)王朝。
2018-07-05
🗻88〕89〕90〕─1─科挙で近代的官僚システムを完成させた漢族系宋(北宋)王朝。~No.220No.221No.222No.223No.224No.225・ @ ㉕ 
   ・   ・   ・   
第77代後白河法皇
2019-07-19
🗻91〕─1─天皇・皇室と下層民との深く濃い絆。後白河法皇と遊女の『梁塵秘抄』。〜No.226No.227No.228・ ㉖ 
   ・   ・   ・   
平清盛の日宋交易と貨幣経済
2020-01-29
🗻92〕─1─末法の地獄から日本を地位と金による豊かさで救おうとした平清盛。〜No.229No.230No.231・ ㉗ 
   ・   ・   ・   
宗教改革。鎌倉新仏教。仏教文化
2020-01-30
🗻93〕─1─末法の地獄から日本を慈悲仏教で救おうとした鎌倉新仏教。〜No.232No.233No.234・ ㉘ 
   ・   ・   ・   
公家の中央集権体制と武士の封建制度の争い。
2020-01-31
🗻94〕─1─源平合戦は国家体制を賭けた戦いだった。〜No.235No.236No.237・ ㉙ 
   ・   ・   ・   
源頼朝源義経
2018-07-06
🗻95〕96〕─1─蒙古は、高麗人約60万人を強制連行し遼河以東の遼東地域に入植させた。源頼朝源義経。1183年~No.238No.239No.240No.241・ @ ㉚ 
   ・   ・   ・   
チンギス・ハーン
2020-02-01
🗻97〕─1─チンギス・ハーン。第82代後鳥羽上皇。1200年~No.242No.243・ 
2020-03-10
🗻98〕─1─鎌倉幕府上皇家の荘園を没収して皇室の力を奪った。承久の乱。承久3(1221)年~No.244 ㉛ 
   ・   ・   ・   
御成敗式目。武士文化。鎌倉文化
2019-10-19
🗻99〕100〕─1─日本の近代化・遵法精神への端緒は御成敗式目である。〜No.245No.246No.247No.248・ ㉜ 
   ・   ・   ・   
高麗。モンゴル。蒙古。
2018-08-02  
🗻101〕102〕─1─高麗と朝鮮は、人口減少のモンゴル族、漢族、満州族にとって人的資源の草刈場であった。~No.249No.250No.251No.252・ @ 
2018-07-08
🗻103〕104〕〕─1─蒙古は、高麗に5度侵略し、指定した数の処女を献上する事を命じた。1206年~No.253No.254No.255No.256・ @ ㉝ 
   ・   ・   ・   
2018-07-10
🗻105〕106〕107〕─1─1250年代後期にインドネシアで巨大噴火。日本とロンドンで大量の餓死者。~No.257No.258No.259No.260No.261No.262・ ㉞ 
   ・   ・   ・   
フビライ元寇
2018-07-09
🗻108〕109〕 ─1─高麗王は、フビライに日本征討を懇願し、蒙古軍の軍船建造を願い出た。三別抄。1270年~No.263No.264No.265No.266・ @ 
2018-07-11
🗻110〕111〕─1─元寇における残虐行為の、加害者は高麗で、被害者は日本である。10万人対1万人。1274年~No.267No.268No.269No.270・ @ ㉟ 
2020-01-27
🗻112〕113〕114〕─1─安東氏。アイヌ人は、樺太から沿海州沿岸の村を襲撃し、蒙古軍の樺太侵略を撃退した。~No.271No.272No.273No.274No.275No.276・ ㊱ 
   ・   ・   ・   
第96代後醍醐天皇
2018-07-14
🗻115〕─1─後醍醐天皇は日本を朱子学による中央集権国家へと大改造しようとしたが失敗した。~No.277No.378No.279No.280・ @ ㊲ 
   ・   ・   ・   
南北朝
2018-07-13
🗻116〕117〕118〕─1─皇国史観民族主義軍国主義の源泉は、皇室が分裂した南北朝にあった。~No.281No.282No.283No.284No.285No.286・ ㊳ 
   ・   ・   ・   
室町時代
2018-07-21
🗻119〕120〕─1─正統な天皇制度は日本国及び日本民族を消滅から救う最後の拠り所である。後小松天皇。~No.287No.288No.289No.290・ @ 
2020-02-14
🗻121〕122〕123〕─1─明国は南朝系九州王国を属国とした。日本分裂崩壊の危機。 ~No.291No.292No.293No.294No.295No.296 @ * ㊴ 
   ・   ・   ・   
極東アジアにおける貨幣経済
2018-07-23
🗻124〕─1─世界最貧国・日本における農業と貨幣経済イノベーション。~No.297No.298No.299・ @ 
2018-07-24
🗻124〕─2─滅びの美学。楠木正成足利尊氏七生報国観応の擾乱。1284年~No.300No.301No.302・ @ ㊵ 
   ・   ・   ・   
足利義満室町文化北山文化
2018-07-25
🗻125〕─1─高麗の水軍と海賊は、対馬で島民を虐殺し、日本人を中国に奴隷として売った。足利義満。伊賀・甲賀。モンゴル諸王国の滅亡。1373年 ~No.303No.304No.305No.306・ @ ㊶ 
   ・   ・   ・   
前期倭寇
2018-07-27
🗻126〕─1─前期倭寇対馬壱岐・五島の島民による復讐戦・弔い合戦であった。1392年~No.307No.308No.309・ @ ㊷ 
   ・   ・   ・   
明国
2018-08-05
🗻127〕─1─明国が、日本人を中国から追放し、日本国との国交回復を拒絶した理由とは。~No.310No.311No.312・ @ ㊸ 
   ・   ・   ・   
永楽帝
2018-07-28
🗻128〕─1─永楽帝は、天命論で帝位を簒奪し甥とその家族を皆殺しにした。足利義満と天命論。1392年~ No.313No314No.315・ @ ㊹ 
   ・   ・   ・  
世宗大王
2018-07-29
🗻129〕─1─世宗大王は、対馬を侵略し、島民を虐殺したが、武士の反撃で惨めに敗走した。1409年~No.316No.317No.318・ @ 
2018-07-30
🗻129〕─2─第1回朝鮮通信使。平仮名・片仮名を真似て訓民正音諺文・ハングルを作った。1421年~No.320No.321No.322・ @ 
2018-07-31
🗻129〕─3─両班儒学者は、ハングルを下層民用の卑しい文字として使用を拒否した。1446年~No.323No.324No.325・ @ 
2020-01-23
🗻129〕─4─世宗大王による儒教的「奴婢従母法」と中国従属の「貢女(コンニヨ)」。〜No.326No.327No.328・ ㊺ 
   ・   ・   ・   
後期倭寇
2018-08-01
🗻130〕─1─後期倭寇は東アジア史を動かした。バイキングと倭寇。1506年~No.329No.330No.331No.332・ @ 
2019-04-13
🗻130〕─2─倭寇の人身売買は貴重な労働力確保であった。日中朝を席巻した海賊集団の謎。〜No.333No.334No.335No.336・ ㊻ 
   ・   ・   ・   
海賊大名。
2019-10-09
🗻131〕132〕─1─日本の海賊は海上大名(武士)であってパイレーツ、バイキング、後期倭寇とは違う。〜No.337No.338No.339No.340No.341No.342・ ㊼ 
   ・   ・   ・   
2019-12-03
🗻132〕133〕─1─東山文化。足利義政現代日本人の原型。外交権は天皇。軍事権は幕府。~No.343No.344No.345No.346・ * ㊽ 
   ・   ・   ・   
豊臣秀吉の唐入り。
2018-08-03
🗻134〕─1─豊臣秀吉の唐入り。朝鮮は、日本を文明なき下等で野蛮と見下し軽蔑し油断していた。1585年~No.347No.348No.349No.350・ @ 
2018-08-04
🗻134〕─2─壬辰・丁酉倭乱。李舜臣。奴婢や白丁は、叛乱を起こして日本軍に協力した。1592年~No.351No.352No.353No.354No.35・ @ 
2018-10-30
🗻134〕─3─李舜臣東郷平八郎の違い。~No.356No.357No.358No.359・ @ ㊾ 
   ・   ・   ・   


  
🌩🌨🌧🌦🌥🌪🔮🌁🌏
❂❃❆❇❖☸⛲🛳🛶🛥⛴⛵🚢🚣🚤🏊
🚣🏱🏳🏴🏲🌅🏖⏱⌛⌚⏳❀🛷⛵🚣⚓🏄🤽🗿
・・・

🗾14〕─4─縄文人遺伝子の呪縛。世襲制男系皇室の正統性は縄文人のY染色体である。〜No.34No.35No.36 ⑤ 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。  
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 人間社会では、「生まれながらにしての定め」は存在する。
   ・   ・   ・   
 Y染色体神話とは、縄文人遺伝子の呪縛である。
   ・   ・   ・   
 鳶は鳶を産む事が多く、稀に鳶が鷹を産む事がある。
 鷹は鷹を産むとは限らず、鷹が鳶を産む事もある。
   ・   ・   ・   
 蛙の子は蛙。
   ・   ・   ・   
 遺伝子が解明されると、優秀民族・劣等民族の優生学が復活する危険性がある。
 そして、人種差別、民族差別、民族嫌悪、民族対立などを助長させ、ナチス・ドイツホロコースト中国共産党のジェノサイドを正当化させる恐れがある。
   ・   ・   ・   
 ウィキペディア
 宮中某重大事件
 詳細は「宮中某重大事件」を参照
 「御婚約御変更無し」と報じる東京朝日新聞(大正10年2月11日)
1918年(大正7年)の春、久邇宮邦彦王を父に持ち、最後の薩摩藩主・島津忠義の七女・俔子を母に持つ、久邇宮家の長女・良子女王(香淳皇后)が皇太子妃に内定し、翌1919年(大正8年)6月に正式に婚約が成立した。
 しかし11月、元老・山縣有朋が良子女王の家系(島津家)に色盲遺伝があるとして婚約破棄を進言した。山縣は、西園寺公望や首相の原敬と連携して久邇宮家に婚約辞退を迫ったが、長州閥の領袖である山縣が薩摩閥の進出に危惧を抱いて起こした陰謀であるとして、民間の論客・右翼から非難されることとなった。当初は辞退やむなしの意向だった久邇宮家は態度を硬化させ、最終的には裕仁親王本人の意思が尊重され、1921年(大正10年)2月10日に宮内省から「婚約に変更なし」と発表された。
 事件の責任を取って宮内大臣・中村雄次郎が辞任し、山縣も枢密院議長など全官職の辞職願を提出した。しかし、同年5月に山縣の辞表は詔を以て却下された。この事件に関して山縣はその後一言も語らなかったという。翌年2月1日、山縣は失意のうちに病気により没した。 
   ・   ・   ・   
 2020年10月17日号 週刊現代「遺伝子の研究が日々進みその世界がより詳しく分かってきた。
 さまざまな研究結果をまとめた 最新レポート。
 著名人で検証する遺伝子の科学
 親の能力はどこまで受け継がれるのか
 スポーツ、音楽、語学・・・
 遺伝が影響する才能、しない才能
 実力本位のスポーツの世界でも、『2世選手』は多い。
 前ページの大谷翔平と同じように世界レベルで活躍している2世選手には、卓球の石川佳純や体操の内村航平がいる。石川は両親とも卓球選手で、母親は国体に出場。内村も父母が体操選手で、父親はインターハイで優勝経験があった。
 こういった実例を見ると『運動能力は遺伝する』と思えてくるが、果たしてどうなのだろう。
 スポーツの能力に関して、遺伝が80%程度影響しているとの研究がある。慶應義塾大学文学部教授で、行動遺伝学が専門の安藤寿康氏が解説する。
 『一卵性双生児と二卵性双生児を比較・分析する「行動遺伝学」によって得られたデータです。一卵性双生児は1つの受精卵から生まれ、遺伝子は完全に一致しています。対して、二卵性双生児は2つの受精卵から生まれ、共有しない遺伝子は半分程度です。
 行動遺伝学では、さまざまな能力や性格などについて、数多くの一卵性双生児ペアと二卵性双生児ペアの類似性を調べ、比較・分析することで、遺伝の影響の大きさを割り出しています』
 ごく簡単に説明すれば、共有する遺伝子が半分程度なのに、二卵性双生児ペアの類似性が比較的高いものは、遺伝以外の影響が大きいということになる。
 こうした研究の結果、……運動の能力は遺伝が80%、文才も80%程度影響するとの数値が出ているのである。ただし、安藤氏は『才能に関しては、もっと低く見積もる研究もあるので、この値は目安のひとつと考えてください』と話す。
 一方、親から同じように運動能力を受け継いでも、兄弟姉妹で実力の差が生まれるケースも多い。……
 『遺伝が大きく影響していても、それがすべてではありません。兄弟姉妹といえども、生活環境や生活習慣は異なります。持って生まれた運動能力を伸ばし、充分に発揮できるか否かは、環境と習慣、トレーニングに対する取り組み方の違うなどさまざまなことが影響しているのです』(安藤氏)
 ……頭の良さの指標とされるIQは、遺伝の影響が50%と、それほど高くない。頭の良さは、遺伝だけでは説明できないのだ。
 父親似と母親似はどのように決まるのか
 そもそも性格は、細胞の核のなかにある染色体(XとYの2種類がある)の組み合わせで決まる。男性はXY、女性はXXという組み合わせになっている。
 男児は父親のYと母親のX、女児は父母それぞれからXを受け取る。X染色体はYにくらべて大きく、重要な遺伝子情報がよりたくさんのっているとの研究がある。そのため、男児は父親(Yを受け継いだ)よりも母親(Xを受け継いだ)に似やすいと言われるのだ。
 親は歌が下手。その子供は?
 前ページの図のように、行動遺伝学では、音楽の才能は約90%が遺伝の影響とされている。
 こまかく見ると、音程を取る能力は遺伝が約80%とする研究がある。リズム感や声質、発声法も、数値化されていないが、遺伝の影響が大きいと考えられている。
 ……
 収入にも遺伝が影響する
 行動遺伝学は収入と遺伝の関係も研究している。
 米国の学者は42%が遺伝、8%が共有環境、50%が非共有環境の影響とのでーたを発表している。
 スウェーデンの学者の研究によれば、20~30%が遺伝、それ以外は非共有環境となる。
 年齢による変化を示したのは日本の学者で、20歳前後では遺伝が20%程度だが、45歳前後では50%程度になるという。
 いずれにしても、収入にまで遺伝が影響を及ぼしているとは驚きだ。
 キレやすい性格──それは遺伝のせいではない
 人の性格は『ビッグ・ファイブ』と呼ばれる5つの要素の組み合わせできている──最近の心理学では、こうした考えが主流になっている。
 その5つとは『経験への開放性(=好奇心が強い)』『勤勉さ』『外向性』『協調性』『情緒不安定性』である。
 行動遺伝学でも5つの要素(呼び方は若干異なる)について、遺伝の影響を割り出している。4つが50%前後だ。いい性格も悪い性格も、遺伝だけで形作られたものではない。遺伝以外は『非共有環境』。つまり、家庭外での経験が、性格の形成に影響しているのだ。
 最近、怒りっぽい人、切れやすい人が増えたと言われる。それは遺伝や家庭内環境ではなく、社会的要因によるところが大きいに違いない。
 遺伝しやすい気質
 楽観的 セロトニン(心を落ち着かせる働きがある)が活発に分泌される人は、楽観的とされる。特定のセロトニン受容体遺伝子が、この気質に関係していると言われる。
 責任感が強い ドーパミンのD2R2受容体遺伝子が関わっているとの研究がある。『完璧主義』『こだわりが強い』といった気質もこれが関与。
 粘り強い 『楽観的』と同様に、セロトニンが関わっている。『熟慮型』『面倒見がいい』といった気質もセロトニンが関与。
 熱中しやすい 意欲や興奮を司るドーパミンが、熱中しやすい気質の源。ドーパミンD4受容体遺伝子が、この気質に関係しているとされる。
 上あがり性 『緊張しやすさ』に関する遺伝子を突きとめた研究はあるが、その遺伝子とあがり性の関連はまだわかっていない。
 目、鼻、耳・・・遺伝しやすいパーツ、しにくいパーツがある
 身体の中で、遺伝の影響を大きく受けるとされているのは『指紋』である。行動遺伝学では、遺伝の影響が90%を超えるとのデータがある。
 体重についても、遺伝の影響は約90%とされている。
 ……
 二重まぶたは、単一の遺伝子によって形質が決定される。一方、複数の遺伝子が関わるパーツもある。『1種類、多くても3種類の遺伝子で決まるパーツは遺伝しやすい』(前出・石浦氏)各パーツのうち、さまざまな調査・研究によって、遺伝の影響が大きいと言われるものを写真とともに挙げた。ほかに、髪の毛・太さ・髪の質(直毛や天然パーマ)も遺伝しやすい。
 ……
 『年をとると親に似る』は本当か?
 ……IQが遺伝の影響をどれくらい受けるかを、幼児期・青年期・成人期初期に分けて調べたグラフだ。年齢を重ねたほうが、遺伝の影響が色濃くなっているのがわかる。
 大人になるに従って、環境に左右されなくなり、遺伝したもののほうが強まってくる、ということなのだろう。『年をとったら親に似てきた』という人は少なくないが、それは本当かもしれない。
 この病気は遺伝が関わっている
 病気にも遺伝しやすいもの、しにくいものがある。……病気や発達障害に関する遺伝の影響の大きさを、行動遺伝学によって分析した結果だ。うつ傾向は、遺伝の影響がそれほどないことがわかる。
 ……
 依存症も本人のモンダイ
 親がのんべえで、子も酒好きというケースはよくあり、『酒の強さ弱さは遺伝する』と言う研究者もいるが、アルコール依存となると話は別。
 ……遺伝の影響は50%強である。タバコやギャンブルに関しても同程度。依存症になるか否かは、遺伝よりも本人に原因があると考えたほうがいいだろう。」
   ・   ・   ・   
 日本民族は、縄文人の古い遺伝子に、海を越えて逃げてきた・漂着した・移り住んだ揚子江流域系大陸人・半島人・シベリア北方人・中央アジア人・東南アジア人などの異人と乱婚を繰り返す事で多様な新しい遺伝子を引き入れる事で独自に変化してきた。
 縄文人遺伝子(Y染色体)を濃く残す日本民族日本人とは、閉鎖的排他的に血筋・血統を死守してきた天皇家・皇室である。
 それ故に、日本の世襲は生まれ出たがゆえに長命で消えづらい。
 が、世界の世襲は打ち立てられたがゆえに短命で消えやすい。
   ・   ・   ・   
 ヤマト大王家・日本天皇家は、神話のように九州から大和(奈良)に東征したかもしれないが、弥生時代に海の外から日本列島を侵略し、縄文人を支配した異人種異民族異部族ではない。
 つまり、日本民族は残虐な征服者ではない。
   ・   ・   ・   
 縄文人遺伝子の呪縛によって、2000年継承されてきた世襲制万世一系の男系皇室が打倒されず、数万年前から受け継がれてきた皇統は血筋・血統の正統性で守られてきた。
 日本民族は、縄文人遺伝子(Y染色体)を正統に受け継ぐ世襲制万世一系の男系皇室を死を覚悟し命を捨てて守ってきた。
   ・   ・   ・   
 歴史力のない現代の日本人は、日本のグローバル化の為に、ローカルな縄文人遺伝子を消滅させようとしている。
 それが、憲法の正当性による正統女系天皇即位と女性宮家新設である。
 現代の日本国憲法平和憲法)には、日本民族の心・精神・志・気概・気品・品格・品位それ以上に、縄文人の遺伝子や血が含まれていない、草木のない荒れ地の生気のない不毛な憲法である。
 そこに、空想的理想があっても現実的科学は存在せず、思い込み・情緒があっても論理や合理もない。
 日本国憲法の隠れた意図は、縄文人遺伝子(Y染色体)の血筋を正統に受け継ぐ世襲制万世一系の男系皇室の消滅である。
 現代日本人の上辺をとり繕っていたメッキが年を重ねる事で剥がれ、縄文人遺伝子(Y染色体)の日本民族性が薄れた実態が見え始めている。
 それが、左翼・左派・ネットサハ、反天皇反日的日本人達の暴走である。
 日本人の遺伝子の中に、中国や朝鮮由来の渡来系反天皇反日本遺伝子が存在している。
 封じ込められ眠っていた渡来系反天皇反日本遺伝子を呼び覚ましたのは、戦後教育である。
   ・   ・   ・   
 日本民族日本人は、中国人や朝鮮人に似ているところは多い。
 中国人や朝鮮人は、日本民族日本人に似ているところは少ない。
 日本民族日本人と中国人や朝鮮人との違いは、縄文人遺伝子つまりY染色体である。
   ・   ・   ・   
 日本民族は、遺伝子に於いて賢くもないし優れていないし秀でてもいないし強くもない、ごく平凡な能力・才能しか持ち合わせていない。
 ハッキリ言ってしまえば、平均的に劣り弱く愚かである。
   ・   ・   ・   
 日本の最高神は女性神天照大神天皇家の祖先神:伊勢神宮内宮の祭神)で、次席神も女性神豊受大神({とようけのおおかみ}伊勢神宮外宮)で、男性神はその下であった。
 つまり、日本は女性神最高神として鎮座する神の国であった。
 天皇が祭祀王として傅き厳かに「まつりごと」を奉る神とは、血のつながった祖先の女性神である。
 故に、天皇の正統とは最高神である女性神からの血筋である。
   ・   ・   ・   
 民族主義とは、19世紀のヨーロッパで作られた概念であってそれ以前には存在しなかった。
 日本の民族主義による日本国と日本民族は、明治になってから西洋風に作られた新しい概念である。
   ・   ・   ・   
 世襲で血筋・血統を守るとは、代々受け継いできた「遺伝子」を守る事である。
 日本民族の遺伝子とは、数万年前に日本周囲で生活していた縄文人遺伝子を源流としている。
 縄文人遺伝子を受け継ぐのは日本民族琉球人、アイヌ人のみで、中国人や朝鮮人は受け継いでいない。
 縄文人遺伝子を純粋にそして正統に受け継いでいるのが、万世一系男系天皇・皇室である。
 神の血筋・血統を正統とする天皇位は、本流の男系の男子・女子で守り、傍流の女系を完全排除してきた。
   ・   ・   ・   
 遺伝子の血筋を世襲として制度化したのが、日本独自の家元制度・本家制度である。
 歌舞伎など一部の伝統芸能は、世襲を男系女系両系の男子のみに限定し女子を排除し、男から男への一子相伝を守り通してきた。
 それは、女性蔑視でも女性差別でもなかった。
 伝統文化には、女歌舞伎や女相撲など女性だけの伝統芸能があった。
 男子禁制の代表が、世界的に高い評価を受けている宝塚歌劇団である。
   ・   ・   ・   
 日本に女性蔑視でも女性差別を持ち込んだのは、仏教の「女性は修行の差し障り」、儒教の「女性は男性の所有物」、キリスト教「女性は男性の肋骨から創られた」である。
 江戸時代の賢い豪商の多くは、店・商売・家業は外で働く息子に任せたが、金や土地などの資産は娘に継がせた。
 遊んで金遣いの荒い道楽息子・放蕩息子・馬鹿息子に、店・商売・家業と金や土地などの資産を継がせたら全てをなくしてしまう。
 娘にも、歌舞伎役者などに現(うつつ)を抜かすして大金をつぎ込んだり、碌でもない男に惚れて大金を貢いだり、いかがわしい宗教にのめり込んで全財産を寄進する、などという「女の浅はかさ」という危険性はあった。
   ・   ・   ・   
 現代日本の左翼・左派・ネットサハそして反天皇反日的日本人達は、血筋・血統を正統とする万世一系男系天皇制を廃絶する事で縄文人遺伝子の呪縛から日本人を解放しようとしている。
 女系天皇即位・女系宮家新設するとは、日本人の民族主義をローカルな特殊的遺伝子型からグローバルな普遍的イデオロギー型に変える事である。
   ・   ・   ・   
 人類は、約700万年前のアフリカで突然変異として類人猿から分かれて誕生した。
 現代人の直接の祖先であるホモ・サピエンスもアフリカの旧人の中から突然変異として生まれ、アフリカから逃げるようして地球上に移住した。
 突然変異を繰り返す種は生き残り、突然変異を起こさなくなった種は絶滅した。
   ・   ・   ・   
 民族主義には3つの型があり、一番多いのがイデオロギー型で、次に宗教型で、最も少ないのが遺伝型である。
 イデオロギー民族主義の代表が、アーリヤ人ゲルマン民族、アジア人種中国民族(俗に中華民族)、など。
 宗教的民族主義は、ユダヤ民族、その他。
 遺伝子型民族主義は、日本民族、その他。
 一般的に言われる民族主義とは、遺伝子型部族主義である。
 民族主義で説明する国家とは、遺伝子型部族主義の集合体である。
 日本国が単一民族として説明されるのは、数万年前から日本列島に住み着いていた縄文人の遺伝子(Y染色体)を受け継ぐからである。
   ・   ・   ・   

🗻2〕─1─大和民族日本人の「和」とはヤマアラシのジレンマである。~No.2No.3 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。  
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 日本民族日本人は、ヤマアラシのジレンマで数万年前の縄文時代から日本列島に閉じ籠もって生き残ってきた。
   ・   ・   ・   
 日本民族は、東アジアの中華人(中国人や朝鮮人)とは正反対として、我を通さず、争わず、競わず、遠慮がちに空気のように生きていた。
   ・   ・   ・   
 2020年10月8日号 週刊新潮「夏裘冬扇 片山杜秀
 和の国、間の国、自助の国
 西洋人が真向かいから邁進してくる。マスクを付けていない。ジョギングか。早い。みるみる迫る。白昼の都心の歩道。よけねば!やや取舵に歩を切る。向こうも少しは曲がるだろう。やややっ!遠慮なく直進してくるぞ。危なくぶつかるところ。すれ違いざまに日本語で怒鳴られた。『邪魔だ!』。飛沫も受ける。なんて奴だ。
 『人間万事塞翁(さいおう)が馬』。出典は『淮南子(えなんじ)』である。ここでの人間は『じんかん』と読むべきであろう。本来の漢語としての人間は、人と人との無数の間の織りなす世界を意味した。広い世の中が人間なのだ。人は自らのしたいようにしたいものだが、大勢居るほど、世が複雑になるほど、そうは問屋が卸さなくなる。『人間(=世の中)万事塞翁が馬』とは、高度な複雑性に満ちた広い世界を恐れよと、諭す言葉なのだろう。
 ということは、裏を返せば、古代中国人は、邁進していれば目の前の日本人は必ずよけると確信していた、あの西洋人同様、個になおそれなりの自負を持っていたのではないか。狭くて複雑性の低い世界なら我は通せるはずと。
 ところが同じ『人間万事塞翁が馬』が日本に入ると、『人のやることは広い世の中(人間{じんかん})がどうなるかは、世の中の広い狭いにかかわらず、常に分からない』といった意味に受け取られがちになるだろう。
 なぜか。日本人が古来、どんなときも我を通さないにこしたことはないと観念して、遠慮深い生き方をよしとしてきたせいではないか。平地が少なく他所にも逃げにくい島国で、隣近所と顔をつき合わせ、我にこだわれば角が立つと、いつも周囲に忖度し、同調のポーズを取りながら、実は心の底では相手を信用していない。怖い。密集生活の中でも、他者に決定的なまでに脅かされず最低限の安心を得られるギリギリの距離感を保とうとし、微妙な間合いをはかる技を繊細に発達させる。
 たとえば茶の湯。茶室の狭さは濃密に仲睦まじくしたいがゆえではあるまい。狭い中でも最後の一線を如何に保つか。その稽古の場が茶室なのだろう。
 わが国で人間という言葉が、原義を離れ、人自体の意で使われるようになったわけも、その辺にあるのではないか。精神と肉体に、どんな蜜の中でも最後の安全を確保するためのギリギリの間で、見えない鎧のようにくっついてこそ人。人とは『人+間』なのだ。
 日本はやまとの国。やまとの語源は山門や山処とも言う。山間の狭い平地で、個々人が際どい距離感を取って大いなる和を保ってきたというわけだ。大和の国とは間合いの国なのである。
 さて、長引く疫病禍の中、日本政府の施策も手詰まりの観を呈し、あとは国民の自助に任されつつあるようだ。日本人は、人との間を取る行動様式の身に付き具合において世界に冠絶(かんぜつ)せる、間が命の民族ゆえ、満員電車で、密な仕事場で、マスクを友とし、ギリギリの間を臨機応変に取り、自力で新しい日常に耐え、経済を回せる。コロナ時代の大和魂の拠り所だろう。
 が、民間防衛には限度あり。間(ま)が魔に魅入られ、人と人との間(あいだ)が壊れだす前に、政治と科学が改めて力を示さねば! 日本国民斯ク戦フ、至急特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ。」
   ・   ・   ・   
 心の杜・新宿クリニック
 TEL:03-5848-7712
 診察をご希望の方は、必ず事前に予約をおとり下さい。
 心の丸窓(69)新型コロナウイルスヤマアラシのジレンマ
 ☞「心の丸窓」は心の杜の医師による心の診療に関するコラムです。
 人と人との心理的距離感についての表現にヤマアラシのジレンマという言葉があります。ショーペンハウアーというドイツの哲学者の寓話に由来するものです。「ある冬の寒い日、たくさんのヤマアラシたちが暖を求めて群がったが、互いのトゲによって刺されるので、離れざるを得なくなった。しかし再び寒さが彼らを駆り立てて、同じことが起きた。結局、何度も群れては離れを繰り返し、互いに多少の距離を保つのが最適であるのを発見した」というショーペンハウアーの話をもとに、精神分析創始者であるフロイト精神分析家のベラックが論じました。ヤマアラシのジレンマは名作アニメの新世紀エヴァンゲリオンでも取り上げられましたので、そこでこの概念を知った人も少なくないのではないでしょうか?
 ヤマアラシが互いに近づこうとするが近づき過ぎると互いに傷つけ合ってしまうように、人と人も精神的に近づきたいが、近づき過ぎると互いに傷つけ合ってしまうという葛藤、ないしはそこから試行錯誤を経て適切な妥協点を見出す過程を表す用語です。友人との関係、恋人との関係など社会におけるいろいろな人間関係において言えることだと思います。親しいからこそ、踏み込んだことを言ったり、言われたりして相手を傷つけてしまったり、自分が傷ついてしまったり・・・。
 このようにヤマアラシのジレンマは人と人との心理的距離をめぐる葛藤について述べていますが、この度の新型コロナウイルス感染の流行では人と人との物理的距離について、新たなヤマアラシのジレンマともいえる葛藤が人々の心に生じていると言えるのではないでしょうか?
 本当は対面で会って人と話したいが、それでは新型コロナウイルスを移したり移されたりしてしまうかもしれないから、会わないで我慢する、あるいはビデオ会議システム、電話、メールなどで代用する。本当は真正面から向かい合って目と目を合わせて話したい。でも向かい合って話すのは感染リスクがあり、話すならば正面よりは斜めや横並びの位置で話す方が望まれる。本当はマスクをしないで自分の顔や表情を見せたいし、相手の顔や表情も見たい。でも感染予防の為にマスクをしないといけない。本当はもっと相手の近くにいたい。でも十分な物理的距離を取らないといけない。
 新型コロナウイルスの流行により、今までは当たり前だった人と人との接し方やコミュニケーションのあり方が、突如リスクを伴う忌避されるものになりました。今まで通り人としっかり触れ合いたいが、それをすることで大切な人や自分自身に危険を及ぼしてしまうかもしれない。そんな状況下でどのようにして私達が安全と人間同士の交流を両立していくか。まさに私達はあらたなヤマアラシのジレンマに直面して、試行錯誤している最中であると言えるのではないでしょうか?
 (月河 葵 記)
   ・   ・   ・   
 日本列島は3つの顔を持っていた。
 甚大な被害をもたらす雑多な自然災害が同時多発的に起きていた。大陸・半島から渡来する夥しい死をもたらす疫病の蔓延。
 花鳥風月プラス虫の音、苔と良い菌が生み出すマイナス・イオン、1/fゆらぎが充満していた。
 日本民族心神話・天孫降臨神話・高天原神話に基ずく五穀豊穣の地、豊葦原の稲穂の中つ国。
   ・   ・   ・   
 南方系海洋民の縄文人は、数万年前の日本列島の中で生きてきた。
 縄文人は、日本民族日本人・琉球人・アイヌ人の祖先であり、西方系草原の民である漢族系中国人や朝鮮人とは別種のアジア人である。
 南方系海洋民は、操船・素潜り・釣り針文化を持っていた。
 西方系草原の民は、騎馬・荷馬車・投網・縫い針文化を持っていた。
   ・   ・   ・   
 縄文人は、新しく移住してきた人間と争う事なく温かく向かい入れ、若い娘を与えて新たなムラ人として向かい入れた。
 その名残が、客人(まろうど)信仰である。
 縄文人達は類い稀な同化力・同調力・変換力で、新しく移住してきた弥生人を受け入れ、弥生人の影響で自分達も地域ごとに多様性豊かに目まぐるしく変化していった。
   ・   ・   ・   
 日本列島は、南北に細長く、中央には越えづらい標高の高い山が山脈として連なり、人を寄せ付けない森林が大地を覆い、海岸は複雑に入り組み数多くの岩礁が存在し、大小数え切れない川が幾筋もあり、川の流れは速く、人が安心して住める土地は少なくそして狭かった。
 日本列島を取り囲む海は荒れた海で、近海は岩礁座礁しやすく、遠海は激しい海流が南北から流れ来て難破して流されやすかった。
 日本民族日本人の祖先である縄文人は、手漕ぎ舟で日本列島を中心として、南は沖縄、北は北方領土・千島列島・樺太カムチャツカ半島、西は朝鮮半島南部を行き来しながら生活していた。
   ・   ・   ・   
 日本民族日本人の祖先である、縄文人は平和に生きていたが、弥生人は争いを好み殺し合っていた。
 弥生人とは、大陸や朝鮮における政争や戦争に敗れて逃げ出し日本列島に流れ着いた・漂着した惨めな敗者や哀れな弱者である。
 大陸から逃げ出した弥生系帰化人の祖先は、揚子江流域に住んでいた。
 弥生系渡来人は、先住民の縄文人と交わる事なく、高度な知識や技術を生かして排他的閉鎖的に独自で生活した。
 弥生人達は、全国に大小数百という国を建国して反目し殺し合い、殺し合いながら広い平地(平野)で幾つかの王国にまとまった。
 日本列島を殺し合いのない平和な土地にするには、全ての王国を一つにまとめ必要があった。 
 その候補が、渡来系出雲神話を正統とする出雲王国と天孫降臨系ヤマト神話を正統とするヤマト王権であった、それ以外の諸王国には日本を一つにまとめるだけの強い正統神話がなかった。
 つまり、古代国家の正統性は建国神話であった。
 日本民族心神話は、日本統治の正統性をめぐる殺し合いを封じ込める為に天孫降臨系ヤマト神話の中に渡来系出雲神話を吸収して一体化した。
 日本列島が朝鮮半島や中国大陸から切り離された独立した独自の道を行くには、天孫降臨系ヤマト神話を正統とするヤマト王権しかなかった。
 もし、渡来系出雲神話を正統とする出雲王国でまとまれば、日本国は中華帝国の支配を受け、属国として、中華皇帝が任命する国王が日本国の正当統治者となり、中華皇帝が否定すれば日本国王の称号が剥奪され処刑されるか追放される事になった。
 ヤマト大王=日本天皇の存在は、そうした歴史的意味を持っていた。
 が、現代日本ではそれを否定する日本人が増えてきている。
   ・   ・   ・   
 ヤマト王権大和朝廷による日本統一は、大陸・半島に比べて最小限の戦闘で完了した。
   ・   ・   ・   
 古事記における国譲り物語の大国主命(おおくにぬしのかみ)の記述は、神武天皇以前の部分では3分の1を占める。
 出雲大社は、明治5年まで杵築(きづき)大社と呼ばれていた。
 日本書紀は、大国主命素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子孫としヤマト式の大己貴神(おおなむちのかみ)の神名を授けた。
 出雲大社の主神を大国主命と認めたが、天地開闢(かいびゃく)の三神である天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)・高皇産霊神(たかみむすびのかみ)と神皇産霊神(かみむすびのかみ)・宇麻志阿志軻備比古遅命(うましあしかびひこじのみこと)・天常立神(あまのとこたちのかみ)を配祀した。
 さらに、女性神天照大神の次男の子孫を出雲大社宮司である出雲国造家を継が世襲とした。
 皇室や出雲国造家の正統性は、古代有力豪族ではなく記紀神話に基づく最高女性神天照大神からの血筋である。
 皇室や出雲国造家に世襲された血筋は、2000年以上の昔に遡り、そして民族中心神話の中に存在する神の領域・神聖不可侵に辿り着く。
   ・   ・   ・   
 日本国・日本民族の歴史と人類である日本国家・日本人の歴史は別系統の天と地の歴史であるが、戦前の日本は一本にまとめて中華儒教皇国史観の正史とした。
 戦後、マルクス主義階級闘争史観とキリスト教絶対価値史観は否定し破壊した。
   ・   ・   ・   
 日本文明は、揚子江流域にあった平和的女系長江文明の後継文明であって、黄河流期にあった好戦的男系黄河文明中国文明・中華文明)の亜流文明ではない。
 長江文明は、黄河文明によって滅ぼされた。
 黄河文明は、領土を拡大する為に虐殺と略奪を繰り返した。
 中華皇帝は天帝の子という正統性で統治し、天帝の徳を広め、徳を受け入れず従わない者は根絶やしにした。
 為に、中国大陸は徳をめぐる正義の戦いで戦乱が絶えず地獄と化していた。
   ・   ・   ・   
 日本民族は、雑多な人種・民族・部族によって乱婚を繰り返して生まれた血が汚れた混血(ハーフ)の雑種民族である。
 日本民族日本人と中華人(漢族系中国人、朝鮮人)は、別種の人間であり、同根同種ではなく、一衣帯水の関係や唇と歯の関係などは存在しなかった。
 日本民族日本人に取っての同種は、琉球人とアイヌ人である。
   ・   ・   ・   
 日本民族は、明治時代以前には存在していなかった。
   ・   ・   ・   
山アラシのジレンマ (ダイヤモンド現代選書)