🌋目次〕─5─揚子江流域からの渡来系弥生人。弥生の大乱。邪馬台国。日本天皇の誕生。~No.1 * 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
モンゴロイド
2018-05-02
🌋2〕─1─弥生時代弥生人は、縄文人の古モンゴロイドと渡来人の新モンゴロイドが雑婚した混血雑種民族・倭人である。3000年前。~No.2No.3No.4・ @ 
2018-07-20
🌋2〕─2─海原モンゴロイドと極寒モンゴロイドと草原モンゴロイドが日本列島で雑居し乱婚して混血児・島嶼モンゴロイドを生んだ。原始糸の道。100万年前。~No.5No.6No.7・ @ 
   ・   ・   ・   
弥生時代の集落遺跡。殺傷痕のある大量人骨。
2018-05-03
🌋3〕─1・A─弥生時代の集落遺跡。鳥取・青谷上寺地遺跡。島根・白枝荒神遺跡。日本人の下戸遺伝子。弥生時代の人骨“渡来系”。~No.8・ @ 
2023-10-03
🌋3〕─1・B─下戸が多い東海三県は古代のマラリア蔓延地帯。~No.8 
2023-05-10
🌋3〕─2─弥生時代鳥取・青谷上寺地遺跡の殺傷痕のある大量人骨。~No.9No.10 
  ・  ・  
倭人誕生。
2022-05-23
🌋4〕─1─縄文人弥生人が雑婚を繰り返して混血児・倭人が生まれた。ヤマト大王が日本天皇となる。白馬節会と安寧信仰。~ No.11 * 
2023-03-17
🌋4〕─2─「縄文人弥生人に分断はない」教科書で習った定説覆す日本民族日本人のルーツ。~No.12No.13 
  ・  ・  
海人族。
2022-05-26
🌋5〕─1─長野県安曇野。山中を切り開いた海神を祖とする海人族=安曇族。~No.14No.15No.16 * 
  ・  ・  
弥生文化
2020-12-06
🌋6〕─1─日本のいじめは弥生時代から始まった。引き籠もり文化。~No.17・ 
2024-06-17
🌋6〕─2─SDGsは約2000年前の弥生時代からすでに日本に存在していた。~No.18No.19 
   ・   ・   ・   
弥生時代の鉄器。
2020-02-12
🌋7〕─1─弥生時代の特産品。日本国内は朝鮮半島から輸入された鉄を求めて交易が活発となる。~No.20No.21No.22・ 
   ・   ・   ・   
南方系海洋民の足跡。
2018-05-05
🌋8〕─1─西日本に残る南方系海洋民の足跡。オルドス式銅剣。(4世紀末~6世紀)。~No.23No.24No.25・ @ 
   ・   ・   ・   
稲作文化圏。
2018-06-08
🌋9〕─1─日本人の稲作文化圏と中国人・韓国人の麦作文化圏との性格の違い。~No.26No.27No.28・ 
  ・  ・  
天皇と稲。
2019-06-23
🌋10〕─1─高天原天照大神ら神々が農耕生活をする労働の国である。〜 No.29No.30No.31・ 
  ・  ・  
水田稲作
2018-05-11
🌋11〕─1─水田稲作揚子江河口流域から日本へ直接温帯ジャポニカをもたらした人々。軟水と日本米。硬水と紅茶。~No.32No.33No.34・ @ 
2020-03-29
🌋11〕─2─酒に弱い日本民族日本人。水田稲作の分布と下戸遺伝子の分布がほぼ一致する。~No.35No.36No.37・ 
2021-05-12
🌋11〕─3─弥生時代の人口増加と水田稲作農業などの食糧事情。~ No.38No.39No.40・ 
2021-09-29
🌋11〕─4─長江流域における世界最古の稲作農業。長江文明の栽培稲。~No.41・ 
2022-07-21
🌋11〕─5─長江下流域のジャポニカ米(水稲)の日本伝播は直接と山東・朝鮮経由の複数経路。~No.42 
2023-08-30
🌋11〕─6─『米の島』久米島のニブチの森に残る1300年以上前の水田跡。~No.43 
   ・   ・   ・   
女の国、母系社会。
2019-09-09
🌋12〕─1─日本民族のルーツの一つ。少数民族による女の国、母系社会。〜No.44・ 
2023-05-15
🌋12〕─2─南中国は日本によく似ている。もうひとつの中国。中国の南北対立。〜No.45No.46
   ・   ・   ・   
邪馬台国
2018-05-06
🌋13〕─1─地球規模の寒冷と倭国の乱。邪馬台国卑弥呼の自害。~No.47No.48No.49・ @ 
2018-05-08
🌋13〕─2─邪馬台国。。『韓伝』『倭人伝』『魏志倭人伝』。狗奴国。向遺跡。第四代新羅国王は倭人だった。146年~No.50・ @ 
2023-05-07
🌋13〕─3─後漢書卑弥呼よりも100年以上前の倭国の王「帥升(すいしょう)」。~No.51
2023-10-08
🌋13〕─4─1世紀の日本人は何をしていたのか。卑弥呼の存在。~No.52 
   ・   ・   ・   
弥生日本の祭祀。
2020-06-19
🌋14〕─1─銅鐸は弥生日本の祭祀。~No.53No.54No.55・ 
2021-08-19
🌋14〕─2─埴輪作りと古墳造営は民の奴隷労働や強制苦役ではなかった。~No.56No.57No.58・ 
   ・   ・   ・    
2022-10-05
🌋15〕─1─紀元前200~300年頃に日本海溝で発生したM9級の巨大地震。~No.59No.60No.61 
   ・   ・   ・   

 日本の歴史には2つあって、民族の伝承・宗教によるローカルな神話物語とアフリカを源流とする科学的根拠によるグローバルな人類史である。
 ローカルな神話物語とは、古事記日本書紀を正統根拠とする日本神話・民族中心神話・高天原神話・天孫降臨神話、つまり女性神天照大神最高神とする天皇神話である。
 それが、皇国史観であった。
 グローバルな人類史には、科学的経験的正当性はあっても宗教的合理的正統性はない。
 神話物語と人類史の2つを持つのは、民族としては日本民族琉球民族アイヌ民族だけで、国家としては日本国だけで、その歴史に正当性を裏書きしているのが正統な天皇の神格である。
 その意味で、日本は特殊で特別であるが、日本国と日本人が優れているとは無関係である。
 天皇は日本を統一して日本建国宣言の詔を発していない為に、日本には建国年と建国記念日は存在しない。
   ・   ・   ・   
 日本は建国物語として、世界のいずれの国とも違い、特殊・特別で、神の宗教的民族神話と人の科学的民族伝説の二つを持っている。
 神の宗教的民族神話とは、古事記日本書紀を正統根拠とする天皇神話、つまり天皇の祖先である女性神最高神として崇める高天原神話・天孫降臨神話・諸神話である。
   ・   ・   ・   
 日本民族は、数万年前の石器時代縄文時代から日本列島に住んでいた。
 天皇家・皇室は、数千年前の弥生時代古墳時代に、内戦や争いを避け平和と安定を取り戻す為にムラ論理で、古代の有力豪族達による長老者会議において衆議の結果として「天皇下駄論」・「天皇人身御供説」・「天皇生け贄説」で作られた、責任を押し付けて逃げるという無責任な生存論理である。
 その神聖不可侵の裁可者・天皇という地位を護る為に考え出されたのが、「政治的無答責の君主」、つまり政治権力も宗教権威も持たない天皇の権威つまり「天皇の御威光」である。
 祖先と国と民族に対して重い責任を負うのは、益荒男・日本男児の責務であって、手弱女・大和撫子ではなかった。
 故に、日本天皇は、最高神の女性神による民族神話、神話宗教、血筋・血統の家世襲万世一系で受け継ぐ事で正統性を与えられていた。
 つまり、民族神話で正統と認められた宗教的万世一系の男系父系天皇制度とは、数万年生きてきた日本民族の歴史的叡智の結晶である。
   ・   ・   ・   
 天皇下駄論・天皇人身御供説・天皇生け贄説とは、日本民族にとって面倒な事や厄介な事を困った事を「否応もなく」天皇と皇族に引き取って貰う事である。
 つまり、押し付けられる損な役回り・貧乏くじを嫌だと言わず拒否せず無条件に「引き受けて貰っている」、「やって貰っていただいている」、という事である。
 それが、天皇の御威光、天皇の権威、天皇の御稜威・大御心である。
 日本民族天皇・皇族・皇室を護ったのは、「責任逃れをする為に犠牲を強要していた」からである。
   ・   ・   ・   
 天皇・皇族・皇室を戦争をして命を捨てても護ろうとした勤皇派・尊皇派・天皇主義者とは、日本民族であり、身分・地位・家柄・階級・階層が低い、下級武士、身分低く貧しい庶民(百姓や町人)、差別された賤民(非人・穢多)、部落民(山の民{マタギ}・川の民・海の民)、異形の民(障害者、その他)、異能の民(修験者、山法師、祈祷師、巫女、その他)、芸能の民(歌舞伎役者、旅芸人、瞽女、相撲取り、その他)、その他である。
 日本民族には、天皇への忠誠心を持つた帰化人は含まれるが、天皇への忠誠心を拒否する渡来人は含まれない。
 身分・地位・家柄の高い上級武士・中流武士や豪商・豪農などの富裕層・上流階級には、勤皇派・尊皇派・天皇主義者は極めて少ない。
   ・   ・   ・   
 日本国・日本民族を1つにまとめている3つの力が存在している。
 1つ目が武力の政治権力、2つ目が経済力の宗教権威、3つ目が文化力=畏れの天皇の御威光・権威・御稜威・大御心であった。
 日本の歴史において、政治権力と宗教権威は人間の強欲・私欲・個人欲で栄枯盛衰を繰り返し目まぐるしく入れ替わっていたが、その中で文化力の天皇の御威光だけは変わらなかった。
 そんな文化力の天皇の御威光を滅ぼうと忍び寄ってきたのが、キリスト教の宗教とマルクス主義共産主義イデオロギーであった。
 そして、現代日本人は日本のグローバル化の為にローカルな日本の文化力をゴミのように捨てようとしている。
 反天皇反民族反文化的行動を行っている日本人の多くが高学歴な知的インテリや進歩的インテリ達である。
   ・   ・   ・   
 世界の王侯貴族は他国からの軍人征服者であったが、日本の天皇は民族の伝統・文化・宗教の権威者であり保護者であった。
   ・   ・   ・